トップページ 海外で活躍するダイハツ工業

GLOBAL VOICE

海外で活躍するダイハツ工業

FromINDONESIA

アストラ・ダイハツ・モーター

アストラ・ダイハツ・モーターはトヨタ・ダイハツグループの海外生産における重要拠点の1つ。2003年にはトヨタとの共同開発車である『セニア/アバンザ』を発売。約50か国に車を輸出しており、受託車を含め、インドネシア国内の自動車生産シェアは第1位。生産している車はファミリー層向けや商用系を中心に、アギヤ/アイラといったインドネシア政府のエコカー政策LCGC(Low Cost Green Car)に初めて適応した車なども手掛けている。

FromMALAYSIA

プロドゥア

1993年にマレーシア政府が実施した国民車政策である“庶民の手が届くエントリーカーの供給と普及”に対し、ダイハツがパートナーとなるために設立された第二国民車製造販売会社。アッパーボディーの設計、エンジンを始め多くの部品の製造・組み立てを行うと共に、海外諸国への輸出も請け負う。プロドゥアセールスはその販売統括会社として、現地スタッフが中心となり市場マーケティング調査から、販売の企画、新車の販売支援施策、アフターセールス施策までを担っている。