トップページ ワークライフバランス制度

ワークライフバランス制度

当社は、多様で有能な人材がより積極的に活躍できる働きやすい職場を目指し、育児・介護などの事情を抱えながら働く従業員の支援を含め、環境面や制度面での充実や見直しを図っています。

育児・介護に関する制度

  • 産前・産後休暇
    女性の社員は出産前後に休暇取得可
  • 育児時間
    女性の従業員は子が1歳になるまで、1日につき2回各45分まで取得可
  • 育児休職
    子の満2歳の誕生日までを限度に休職可
  • 時間外労働の制限
    養育のために、時間外労働時間を24時間/月、150時間/年以内に制限可能
  • 短時間勤務制度(育児)
    小学校4年生修了までの子を養育する場合、1日当たり4時間または6時間の勤務を認める
  • 子の看護休暇
    小学校4年生修了までの子1人につき年5日、2人以上の場合は最大10日まで取得可
  • 介護休職
    家族を介護する場合、介護必要家族1名につき通算2年を限度に休職可
  • 短時間勤務制度(介護)
    要介護状態にある家族を介護する場合、1日当たり4時間または6時間の勤務を認める

育児支援制度の適用期間

育児/介護休職・短時間勤務の利用状況(2015年度)

休職 短時間勤務
育児 介護 育児 介護
男性 4 1 0 1
女性 86 0 48 0
合計 90 1 48 1

両立支援再雇用制度

介護または配偶者の転勤のために退職する場合、離職5年以内に限り再雇用される機会を留保することが可能。
(必ずしも再雇用が保証されるものではありません)