【お知らせ】 ダイハツ、「塗装ブース用高性能ドライフィルターの開発」で機械振興賞を受賞 ~塗装ブース全体のCO2排出量を45%低減~

2022年12月23日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、一般財団法人機械振興協会主催の第57回機械振興賞において『塗装ブース用高性能ドライフィルターの開発』が「奨励賞」を受賞しました。
「機械振興賞」は、優れた開発や実用化、開発の支援活動を通じて、わが国の機械産業技術の発展に著しく寄与した企業・大学・研究機関・支援機関と開発・支援担当者に対し与えられるものです。

受賞業績名

塗装ブース用高性能ドライフィルターの開発

概 要

ダイハツは、2035年工場カーボンニュートラル実現に向け、生産設備におけるCO2排出量削減に取り組んでいます。中でも、塗装ブースのCO2排出量が最も多く、削減には空調風量を小さくすることの他、未塗着塗料の捕捉方法をウエットスクラバー方式からドライスクラバー方式にした上で空調リサイクル化する方法もありますが、既製のフィルターでは捕集効率と交換周期の両立が難しく、かつ安価なものがありませんでした。
今回開発した交換式ドライフィルター(図1参照)は安価な素材としてダンボールを採用、深層濾過(図2参照)の考え方を用いて、塗料種毎に濾材の構造を最適化することにより、捕集効率と交換周期を両立させることが可能になりました。その結果、塗装ブース全体のCO2排出量を45%、メンテナンスコストを50%以上低減することができました。また、水の使用が無くなるため、設備の長寿命化及び水使用に伴う臭気・騒音が低減され、作業環境の改善にも効果がありました。

【図1:交換式ドライフィルター】

【図2:深層濾過】

ダイハツは、今後も徹底した省エネ化の推進を通じ、2035年工場カーボンニュートラルの実現に向け取り組んでまいります。

以上

(関連リリース)ダイハツ、カーボンニュートラルを見据え、京都(大山崎)工場をリファイン

関連記事
2023/02/02ダイハツ サステナビリティレポートの発行について
2023/01/20お客様への新しい価値提供を目指し、DXビジョンを策定 ...
2022/12/21ダイハツ、「車両塗装ブースの省エネ」で省エネルギーセン...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年