ダイハツ、「車両塗装ブースの省エネ」で省エネルギーセンター会長賞を受賞 ~塗装ブースにおけるエネルギー使用量を従来比44%削減~

2022年12月21日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2022年度 省エネ大賞 省エネ事例部門において、『車両塗装ブースの省エネ』が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。
「省エネ大賞」は、省エネルギー意識、活動および取り組みの浸透、省エネルギー製品等の普及促進に寄与することを目的とし、2011年より一般財団法人省エネルギーセンターが主催しています。なお、表彰式は2023年2月1日(水)に東京ビッグサイトにて行われます。

テーマ

車両塗装ブースの省エネ

概 要

本テーマは、京都(大山崎)工場の中上塗り塗装ブースにおける省エネの取り組みです。
塗装工程は工場全体のエネルギー使用量の約65%を占め、その中でも最も多くのエネルギーを使用している塗装ブースの省エネが工場カーボンニュートラル達成に向けた最大の課題になっています。同工場のリファインに伴い、超高塗着塗装機の導入や塗装全自動化による塗装ブースのコンパクト化及びドライブースやダンボールフィルター方式の導入による空調リサイクル化を実施しました。その結果、塗装ブースにおいては、従来比で44%(1,450kL/年)のエネルギー削減を達成することができました。

【イメージ図】

ダイハツは、今後も徹底した省エネ化の推進を通じ、2035年工場カーボンニュートラルの実現に向け取り組んでまいります。

以上

(関連リリース)ダイハツ、カーボンニュートラルを見据え、京都(大山崎)工場をリファイン

関連記事
2023/02/02ダイハツ サステナビリティレポートの発行について
2023/01/20お客様への新しい価値提供を目指し、DXビジョンを策定 ...
2022/12/23ダイハツ、「塗装ブース用高性能ドライフィルターの開発」...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年