自動車リサイクルへの取組み

2005年1月より本格施工となった『使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)』により、自動車メーカーは、使用済自動車から発生するシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類※を引き取ってリサイクルする役割を担います。
ダイハツ工業では自動車リサイクル法の仕組みづくりに、積極的に参加、協力するとともに、定着化、リサイクル率の向上に向けた活躍を関係事業者と協力して行っています。
また、『リサイクルについても環境負荷の少ない車両』の開発に取り組んでいます。
※フロン類は破壊いたします。

3品目の引取り、リサイクルの実施

  1. エアバッグ類、フロン類については、共通引取り窓口機能として設立された(一般社団法人)自動車再資源化協力機構を通じて、効率的な引取り、リサイクル(フロン類については破壊)を実施します。
  2. シュレッダーダストについては、豊通リサイクル(株)ASR再資源化事業部の設立に参加し、トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)、日野自動車(株)と共同で、引取り、リサイクルを実施します。

リサイクルの容易な車両開発

エアバッグ類についての取組み

  1. エアバッグ類を取り外すことなく、容易に車載状態で作動処理させるため、エアバック類一括作動処理コネクターを全車に搭載しています。
  2. エアバッグ類の安全、容易な解体、作動方法を示した「エアバッグ類適正処理マニュアル」を、登録解体業者向けに冊子およびWebにより公開しています。

フロン類についての取組み

  1. カーエアコンの冷媒として使用するフロン類については、1994年より特定フロン(CFC)の使用を全廃し、代替フロン(HFC)へ切り替えています。また代替フロンについてもその温暖化影響を減らすため、充填量の低減技術の開発に取り組んでいます。その結果、トップレベルの300g/台以下の充填量を一部車種では達成しています。

シュレッダーダストについての取組み

  1. リサイクル性のよいポリプロピレンやポリエチレンなどの熱可塑性樹脂の優先使用や、解体性、分離性のよい設計に取り組んでいます。大型部品については、解体作業が容易にできるポイントを明示する解体性向上マークを採用しています。
  2. 銅部品を除去した廃車ガラを電炉等で直接リサイクルする「全部再資源化」を促進するため、銅部品(ワイヤーハーネス、モーター類)の取外し要領を、全部再資源化を実施するコンソーシアムに提供しています。