ダイハツ・ロッキーHEVおよびトヨタ・ライズHEVの運転者席側のポール側面衝突・社内試験結果について

2023年05月26日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、2023年5月19日(金)に、ダイハツ・ロッキーおよびトヨタ・ライズの国内向けハイブリッド車(HEV)のポール側面衝突試験(UN-R135)に関する認証手続きに不正があったことを公表し、同日、出荷・販売を停止いたしました。
お客様をはじめとするステークホルダーの皆様には、多大なるご心配・ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
現在、ダイハツ・ロッキーHEVおよびトヨタ・ライズHEVを使用されているお客様が、安全に対してご不安・ご懸念をお感じになっている状況にあるため、今回、自主的に安全性能を確認するための社内試験を実施いたしましたので、結果についてご報告いたします。

1.今回のポール側突(運転者席側)社内試験結果について

(1)試験日時・場所

・日程: 5月24日(水)
・場所: ダイハツ 滋賀テクニカルセンター

(2)試験概要

・目的: 車両が電柱などに横から衝突した際の安全性について確認する試験

・概要: 電柱等を模したポールに、時速32kmで車両側面を衝突させ、以下を確認
①乗員の衝撃(傷害値)が法定基準を満たしていること
②ドアの外れや開放が無いこと
③衝突後の燃料漏れの量が一定値以下であること

 【試験イメージ】

(3)試験結果

 ・以下のとおり、法規に定められた安全性に関する基準を満たす結果となりました

2.今後の対応

今回の試験は、社内試験であり、認証当局にご確認頂いたものではありません。
出荷・販売の再開に向けては、認証当局立会いでの試験や、ダイハツ・ロッキーHEV、トヨタ・ライズHEVに関するその他の認証項目の確認など、必要な手続きを、当局とご相談しながら進めてまいります。

当社としましては、この度の不正は、経営マネジメントが現場に寄り添えず、法令遵守や健全な企業風土の醸成が疎かになる中で、正しいクルマづくりを見失い、不正行為を発生させたと考えられます。全員で立ち止まり、不正行為をせざるを得なくなった背景・環境・真因を徹底的に究明し、改善・再発防止に取り組み、課題を出し切ることで、二度と同じ過ちを繰り返さない会社へと変わる決意で、現場の声に耳を傾けながら、全社を挙げて取り組んでまいります。

以上

関連記事
2024/02/20当社工場の3月稼働状況について(2月20日時点)
2024/02/16ダイハツ・ロッキー(ガソリン車)、トヨタ・ライズ(ガソ...
2024/02/13CJPTからの脱退について
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年