• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2014/12/12

ダイハツ軽福祉車両 「ムーヴ フロントシートリフト」をフルモデルチェンジ ~新たにカスタム・ターボ車を設定、昇降機構も一新~

2014年12月12日
ダイハツ工業株式会社

ムーヴ フロントシートリフト カスタムX“SA”

ムーヴ フロントシートリフト Xターボ“SA”

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、フレンドシップシリーズ(福祉車両)「ムーヴ フロントシートリフト」をフルモデルチェンジし、「ムーヴ」「ムーヴカスタム」と同時に、12月12日から全国一斉に発売する。
軽自動車の福祉車両は、コンパクトで取り回しのしやすいボディサイズや、優れた経済性、利便性が評価され、販売台数が増加している。ダイハツの「フレンドシップシリーズ」は軽福祉車両の中でも約50%※1のシェアを獲得するなど、お客様から大変ご好評いただいている。
今回の改良では、近年増加する登録車からのダウンサイザーを含め、より幅広いニーズにお応えするべく、ムーヴフロントシートリフトにカスタムを追加・ターボ車を初めて設定すると共に、ムーヴと同じ全21色の豊富なカラーバリエーションを設定。
また、シート昇降機構を一新し、足元スペースや昇降時の開口高さを拡大するとともに、昇降時間を短縮。介助のしやすさとお客様の快適性向上を実現した。さらに価格の見直しを行い、入り口価格を従来より4万円引き下げ、一層お求めやすい設定とした。

※1  2014年度前半期実績(ダイハツ調べ)

※詳細は、添付のPDFファイルをご参照ください。