• その他
  • プレスリリース
  • NEW2000/07/10

ダイハツが「九州・沖縄サミット宮崎外相会合」へEVによる移動サービスを提供

2000年07月10日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、今月12日(水)~13日(木)に開催される「九州・沖縄サミット宮崎外相会合」において、サミット関係者のサミット会議場・宿舎・プレスセンターへの移動交通手段として、環境に優しい電気自動車(EV)を6台(「ハイゼットEV(MT)」4台、「アトレー EV(AT)」2台)を用いた移動サービスを提供する。

ダイハツのハイゼットシリーズのEVは、現在国内で最も多く使用されているEVで、保有台数が1,000台を超えている。今回この移動サービスに使用することで、世界各国に対して、日本における環境への取り組み姿勢のPRの一環に協力するもの。

「九州・沖縄サミット 宮崎外相会合」は、宮崎県宮崎市にある国際コンベンションリゾート「シーガイア」で行われ、宮崎市を訪れるサミット関係者が、代表用宿舎や会議場、国際メディアセンター等を移動する際の交通手段として、より便利で快適な移動サービスを提供する。

提供する電気自動車(EV)は、内装を木目調、外装をメッキ調の乗用車感覚に変更し、ボディにサミットマーク、EVマーク等を施している。また、窓ガラスをプライバシーガラスにするなど、乗る人への配慮も工夫している。

主要諸元

車名 ハイゼット電気自動車 アトレー電気自動車
車両型式 GD-S200V(改)
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,870
ホイールベース(mm) 2,420
車両重量(kg) 1,370 1,390
車両総重量(kg) 1,680(1,690) 1,700(1,710)
乗車定員(名) 2(4) 2(4)
最高速度(km/h) 100 100
登坂能力(tanθ) 0.30  
最小回転半径(m) 4.3
一充電走行距離(km) 110(10・15モード) 65(10・15モード)
電動機種類 永久磁石型同期電動機
最高出力(kW) 35
制御装置 IGBTインバーター
主電池 種類・形式 シール形鉛電池・SER60
容量Ah(HR)・電圧V 60(3)・12
総電圧(V) 240
充電器設置形式 車載式
標準充電時間(h) 7
タイヤサイズ(前輪)
タイヤサイズ(後輪)
145R13-8PRLT
165R13-8PRLT

※エアコン、電動パワーステアリングは標準装着
( )内の数字は4名乗車時。