• CSR
  • プレスリリース
  • NEW1998/10/01

京都工場が「ISO14001」の認証取得

1998年10月01日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)京都工場は、1998年9月30日、環境マネジメントシステムに関する国際標準規格である「ISO14001」の認証を取得。認定登録証の交付式が本日10月1日、京都工場にて執り行われた。

ダイハツは、かねてより環境保全に対する取り組みを積極的に行ってきたが、その一環として京都工場のISO14001認証取得に向け活動を展開してきた。1997年4月に「京都工場環境方針」を策定、月1回の「環境管理推進会議」と8つのワーキンググループにより実務展開を行い、(財)日本自動車研究所・審査登録センターの審査、認証登録を受けた。

今回の認証取得に向けての取り組みや、引き続き実施する定期審査により、資源やエネルギーの無駄を省いて製造コストの低減を進め、企業体質の強化を図っていく。

今後、ダイハツは1999年中に池田工場、滋賀(竜王)第二工場で、2000年中に滋賀(竜王)第一工場、多田工場でISO14001の認証取得を目指す。

ダイハツ工業(株)京都工場の概要(1998年3月31日現在)

開設年月 1973年4月
所在地 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字北細池1番
工場長 取締役 東迫 旦洋(ひがしさこ あきひろ)
従業員数 1,142名
生産品目 小型乗用車シャレード、パイザー、テリオス
(受託車:カローラバン・ワゴン)
組立ライン能力  月間18,000台(2直定時)