主要事項:1907年(明治40年)~

1907年(明治40年)~

1907(M40)年3月 内燃機関の製作と販売を目的として「発動機製造㈱」創立
1939(S14)年2月 池田工場操業開始〔現本社( 池田) 第1 工場〕
1951(S26)年12月 社名を「ダイハツ工業㈱」に改称
1961(S36)年6月 池田第2工場操業開始〔現本社( 池田) 第2工場〕
1963(S38)年10月 教育センター設立〔現販売研修センター〕
1964(S39)年3月 保健センター設立
1965(S40)年3月 本社事務所、池田市に完成〔現本社・本館〕
1965(S40)年7月 電気自動車研究に着手
1966(S41)年5月 ディーゼル機関の製造販売部門を分離し「ダイハツディーゼル㈱」設立
1967(S42)年2月 滋賀テストコース完成
1967(S42)年11月 トヨタ自動車工業㈱およびトヨタ自動車販売㈱と業務提携
1967(S42)年11月 高性能「EV乗用車」開発(最高速度90㎞/h 走行距離119㎞)
1968(S43)年7月 「ダイハツ自動車販売㈱」営業開始
1970(S45)年3月 万国博覧会用電気自動車275 台納入
1970(S45)年11月 旭工業㈱を合併
1971(S46)年4月 通産省大型プロジェクトによるEV 研究開発に参画「軽量乗用EV」
1972(S47)年3月 多田工場を工機専門工場として操業開始
1973(S48)年4月 京都工場を大衆乗用車専門工場として操業開始
1973(S48)年5月 「ハイゼットバンEV(ES38V)」運輸省から新型届出認可
1974(S49)年2月 「EV マイクロバス(15 人乗り)」開発、長田野工業団地に納入
1974(S49)年4月 滋賀(竜王) 第1 場〔現滋賀(竜王) 工場第1地区〕操業開始
1974(S49)年11月 「 ハイブリッド駆動小型トラックEV」開発、朝日新聞社に納入