ダイハツ、紫外線による除菌装置「ULTRABUSTER」を開発し、 医療機関等への無償貸与を開始

2021年02月25日
ダイハツ工業株式会社

ULTRABUSTER(イメージ)

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、紫外線(UV)による除菌装置「ULTRABUSTER(ウルトラバスター)」を開発し、近隣の医療機関等への無償貸与を2月25日(木)より開始した。

「ULTRABUSTER」は、新型コロナウイルス感染拡大下において、最前線の現場で活動している医療従事者の方々への貢献のため、2020年春頃からダイハツの「くらしとクルマの研究所」にて開発を行ってきた装置である。同年秋頃から近隣の医療機関や社内診療所などで実証実験を行っており、3月までに250台程度を近隣医療機関等へ無償貸与する。

この「ULTRABUSTER」は、室内の空気を強力に吸い込み、筐体内に格納された6本の紫外線ランプの照射により除菌する装置である。専門機関による試験では、室内(25㎥)の浮遊ウイルスを約11分で90%低減、約21分で99%低減できる効果が確認できている。

ダイハツは今後も“ Light you up” の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供するとともに、地域の活動に貢献できる取り組みを促進し、お客様に寄り添った企業を目指す。

※: 【試験機関】(一般財団法人)北里環境科学センター 【試験方法】25㎥の試験空間で浮遊ウイルス数の変化を測定
【試験結果】約11分後に90%減少、21分後に99%減少を確認 <試験番号>北生発2020_0354号
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対しての試験ではありません。
実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・部屋の条件により効果は異なります。

関連記事
2021/03/26紫外線による除菌装置「ULTRABUSTER」を全国の...
2021/03/08ダイハツ、女子サッカーリーグ「WEリーグ」「なでしこリ...
2021/03/02「生物多様性びわ湖ネットワーク」が、「日本自然保護大賞...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年