役員体制の変更、組織改正について

2018年11月30日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、2019年1月1日付で役員制度・役職者制度を見直し、役員体制の変更、組織改正を行う。

Ⅰ.主な変更・改正のポイント

1)考え方
・「お客様に最も近い会社」を目指し、生活者に寄り添い、市場の変化に迅速に対応していくための  組織体制づくりを行う
・また、スピード経営、次世代経営人材の育成・活躍拡大を目的とし、業務執行体制を見直す
・これらを通じて、ダイハツグループの強みを発揮し、トヨタグループの価値最大化に貢献する

2)経営のあり方・仕組みの見直しについて
・役員制度を一新し、従来の取締役(専務執行役員)を「取締役(役員)」、専務執行役員を「役員」という新たな職位として、新制度の役員とする。取締役(役員)は、グループや全社課題対応にシフトした役割を担う
・これまで役員であった上級執行役員、執行役員に加え、部長級を「幹部職」という新たな職位に統合する
・業務執行は、本部長、副本部長が責任者となって進めることで、スピード感を持って、やるべき課題へ取り組む。本部長、副本部長は、「役員」および「幹部職」の中から選抜する

3)組織改正
・スピード経営、本部長の役割強化に向けたユニット・本部組織の見直し。従来の3ユニット10セクション体制から、5ユニット12本部体制へ再編
・従来よりもさらに高いレベルで競争力向上に取り組むための部・室課組織の再編
・100年に1度の大変革期の中で競争に打ち勝ち、未来に踏み出すための新たな組織づくりとして、「くらしとクルマの研究所」を新設。お客様視点でクルマづくりの本質を研究し、把握したニーズをいち早く具現化する

Ⅱ.組織改正の詳細

1.ユニット体制の見直し

2.新組織の構成図

Ⅲ.2019年1月1日付 取締役・執行役員の変更

1.取締役

2.執行役員

Ⅳ.取締役・執行役員の主な組織担当

1.取締役(代表取締役副社長以下)の担当

<○は昇任>

2.執行役員の担当

<◎は新任、○は昇任>

Ⅴ.幹部職の担当

1.本部長級

2.副本部長級

以上

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年