ダイハツ 軽乗用車「タント」、軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を一部改良 ~パノラマモニターを採用するとともに、お買い得な特別仕様車を設定~

2017年12月18日
ダイハツ工業株式会社

タント X“リミテッドSAⅢ”

タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「タント」および軽福祉車両「タント スローパー」(車いす移動車)、「タント ウェルカムシート」(昇降シート車)を一部改良し、12月18日(月)から全国一斉に発売する。

「タント」は、モアスペース系の軽乗用車として、2003年の発売以来、累計200万台以上を販売※1し、子育てファミリーを中心に幅広くご好評いただいているダイハツ基幹車種の一つである。現在販売しているモデルは2013年10月に発売した3代目であり、2016年11月に実施した一部改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」をダイハツとして初めて採用した。

今回の一部改良では、「タント」「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」に共通して、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用※2し、安全性能を向上させた。

また「タント」には新たに特別仕様車として「タント X“リミテッドSAⅢ”」、「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」を追加。両側パワースライドドア※3やパノラマモニター、LED ヘッドランプ※4を装備しながら、お買い得な価格設定としている。

※1:2017年12月18日時点。全国軽自動車協会連合会データおよびダイハツ調べ。軽乗用車「タント エグゼ」(現在は販売終了)、軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を含む
※2:「パノラマモニター対応カメラ」を「タント」のカスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”に特別装備、カスタムRS“トップエディションSAⅢ”、カスタムX“トップエディションSAⅢ”にメーカーオプションで設定。「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」を「タント」のX“リミテッドSAⅢ”に特別装備、それ以外のグレード(L、L“SAⅢ”を除く)および「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」の全グレード(L、L“SAⅢ”を除く)にメーカーオプションで設定。また、全グレードともディーラーオプションでパノラマモニター対応ナビゲーション(8インチ/7インチ)の装着が必要
※3:左側(助手席側)パワースライドドアについては、ベースグレードとなる「タント カスタムX“トップエディションSAⅢ”」「タント X“SAⅢ”」でも標準装備
※4:「タント カスタムX“トップエディションリミテッドSAⅢ”」のLED ヘッドランプについては、ベースグレードとなる「タント カスタムX“トップエディションSAⅢ”」でも標準装備

*メーカー希望小売価格*
<タント>(消費税込み)

<タント スローパー>(消費税非課税)

<タント ウェルカムシート>(消費税非課税)

※5:Natural Aspiration(自然吸気エンジン)
※6:Turbo Charger(ターボエンジン)

☆:写真掲載

◎価格にリサイクル料金は含まず

お客様からのお問合せについては、最寄りのダイハツ販売会社または、ダイハツ工業株式会社 お客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)にお願いいたします。

以上

関連コンテンツ

関連記事
2023/01/24一部車種にアイドリングストップレス仕様のグレードを追加
2022/12/23『夢ふくらむ、はじけるダイハツ』~東京オートサロン20...
2022/12/15ダイハツ「ハイゼット トラック」が「オートカラーアウォ...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年