• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2017/12/06

「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が150万台を突破

2017年12月06日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2017年11月末時点で150万台を達成※1した。

「スマートアシスト」は、2012年12月にマイナーチェンジして発売した「ムーヴ」で初搭載。軽自動車で初めて衝突回避支援ブレーキなどの先進デバイスをお求めやすい価格で採用した。2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストⅡ」へ進化。さらに2016年11月には、世界最小※2の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストⅢ」へと進化した。

現在は、軽自動車9車種、小型乗用車2車種、計11車種※3にスマートアシストを搭載し、今後も乗用車のみならず、商用車へも拡大させていく。現在のスマートアシスト搭載車両での搭載比率は約8~9割となっており、その機能とお求めやすい価格でお客様から好評を得ている。

また、ダイハツは全国各地でスマートアシストの体感試乗などを行う「みんなの安全・安心プロジェクト」を販売会社と一体となりながら実施しており、今後もより多くのお客様に安全・安心をお届けすべく、スマートアシストの積極的な普及促進に取り組んでいく。

※1:スマートアシスト、スマートアシストⅡ、スマートアシストⅢの合計。OEM車両を除く。ダイハツ調べ
※2:2017年11月30日時点。ダイハツ調べ
※3:ブーン、トールはスマートアシストⅡ、それ以外はスマートアシストⅢを搭載

以上

関連コンテンツ