• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2017/11/30

ダイハツ 軽乗用車「ウェイク」 軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良 ~スマートアシストⅢ採用等により安全性能を向上~

2017年11月30日
ダイハツ工業株式会社

ウェイク G ターボ“レジャーエディションSAⅢ”

ハイゼット キャディー D“デラックスSAⅢ”

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「ウェイク」および軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良し、11月30日(木)から全国一斉に発売する。

「ウェイク」は2014年11月に発売し、見晴らしの良さや軽最大の室内空間※1を実現したパッケージングに加え、キャンプやサーフィンなどのプロフェッショナルに参画いただき開発した、レジャーに最適な仕様や装備が特長で、レジャー志向のお客様を中心にご好評いただいている。

「ハイゼット キャディー」は、女性やシニアの就業率の増加といった社会変化を捉え、「人の働きやすさ」にこだわった新ジャンル軽商用車として2016年6月に発売し、FF※2レイアウトによる高い静粛性と使い勝手や、低燃費が特長となっている。

今回の一部改良では、両モデルに共通して、車両だけでなく歩行者も認識し作動する衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載※3するとともに、リヤコーナーセンサーを採用※3
さらに「ウェイク」には、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用※4し、安全性能を向上させた。

また、「ハイゼット キャディー」については、価格を見直し、よりお求めやすい設定とした。

今後もダイハツはスマートアシストの積極的な普及促進を目指すことで、より多くのお客様に安全・安心をご提供していく。

※1:2017年11月30日時点。室内長×室内幅×室内高。ダイハツ調べ
※2:Front Engine, Front Drive
※3:全ての“SAⅢ”グレードに標準設定
※4:ウェイクのD、D“SAⅢ”を除く全てのグレードに、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」をメーカーオプションで設定。また、ディーラーオプションでパノラマモニター対応ナビ(8インチ/7インチ)の装着が必要

*一部改良の概要*

<両モデル共通>
・衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載。搭載車は政府が交通事故対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS※5」の「ワイド※5」に該当
・リヤコーナーセンサーを採用

<ウェイクのみ>
・「パノラマモニター」を採用
・一部メーカーオプション等の変更

<ハイゼット キャディーのみ>
・グレードおよび価格設定の見直し
・ブライトシルバーメタリックを標準色化
・車速感応式間欠フロントワイパー、セキュリティアラームを全車標準装備
・一部メーカーオプション等の変更

※5:自動ブレーキを搭載した車を「セーフティ・サポートカー(通称:サポカー)」、これに加えペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車を「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」として普及促進。「サポカーS」は搭載機能に応じ3つのランクに分けられており、最高ランクの「ワイド」は自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車をいう

*メーカー希望小売価格*(消費税込み)

<ウェイク>

<ハイゼット キャディー>

☆:写真掲載

※6:Natural Aspiration(自然吸気エンジン)
※7: Turbo Charger(ターボエンジン)

◎価格にリサイクル料金は含まず


お客様からのお問合せについては、最寄りのダイハツ販売会社または、ダイハツ工業株式会社 お客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)にお願いいたします。

以上

関連コンテンツ