• CSR
  • プレスリリース
  • NEW2017/10/05

インドネシアとマレーシアで開催される世界バドミントン連盟(BWF)トーナメントへの協賛を発表 ~バドミントンの発展に貢献する取り組みを海外にも展開~

2017年10月05日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、グループスローガン「Light you up」のもと、お客様や地域の方々との接点拡大に重点を置いた「コトづくり」活動の一環として、日本・インドネシア・マレーシアの3ヵ国でバドミントンの発展に貢献する活動を2017年度から開始している。
今回は、世界のトップランカーが集う世界バドミントン連盟(BWF)トーナメントのうち、インドネシアで開催予定の「DAIHATSU Indonesia Masters 2018」と、マレーシアで開催予定の「PERODUA MalaysiaMasters 2018 presented by DAIHATSU」への協賛を発表した。日本でも9月に行われた「DAIHATSU YONEXJAPAN OPEN 2017 バドミントン選手権大会」に協賛、2017 年9 月19 日~24 日に世界のトップランカーによる熱戦が繰り広げられた。

ダイハツは、日本での事業活動に加えインドネシア・マレーシアを中心に海外事業を行っており、特に海外では、日本国内の軽自動車で培ってきた低燃費・低価格に代表される良品廉価なクルマづくりの技術に加え、それぞれの国のニーズを汲み取った最適な商品を投入することで、多くのお客様のご支持を得てきた。
バドミントンは、海外ではアジア(中国、マレーシア、インドネシア、シンガポール等)での人気が高く、特にインドネシア、マレーシアでは国技として親しまれている。ダイハツの事業地域との親和性も高いことから、モノづくり以外でもそれぞれの国や地域で貢献すべく、インドネシア・マレーシアでもバドミントンの取り組みを行うことにした。

今後も、バドミントン・パラバドミントン日本代表チームを応援するとともに、次世代の育成に向けて「ダイハツ全国小学生ABC大会」や、地域密着のイベントなども積極的にサポートし、バドミントンを通じて人々の交流を深めることで、皆さまのくらしに新しい輝きをお届けする。

関連コンテンツ