• その他
  • プレスリリース
  • NEW2017/05/22

シルク・ドゥ・ソレイユ 日本公演 次回作品 「KURIOS(キュリオス)」への特別協賛(7作品連続)を発表

2017年05月22日
ダイハツ工業株式会社

シルク・ドゥ・ソレイユ 次回作品「キュリオス」ロゴ

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2018年2月に日本に上陸するシルク・ドゥ・ソレイユ作品「KURIOS(以下キュリオス)」に特別協賛する。
ダイハツは、世代、国境を越えて人々を魅了するその高い創造力と芸術性に共感し、2007年の「ドラリオン」以降、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演を応援してきた。今回の「キュリオス」で7作品連続の特別協賛となる。


*過去の協賛作品は以下の通り。
「ドラリオン」(2007年2月~2008年6月)
「コルテオ」(2009年2月~2010年6月)
「クーザ」(2011年2月~2012年4月)
「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」(2013年5月~6月)
「オーヴォ」(2014年2月~2015年6月)
「トーテム」(2016年2月~2017年5月)

開催期間中、会場内エントランスでは、公演作品の世界観を反映させた車両展示を行っており、「トーテム」では、軽乗用車「キャスト スポーツ」、小型乗用車「ブーン シルク」を展示。来場者にお楽しみ頂いた。
本作品でも趣向を凝らした車両展示を実施予定。

「トーテム」での車両展示の様子(「ブーン シルク」)

「トーテム」での車両展示の様子(「キャスト スポーツ」)

<シルク・ドゥ・ソレイユとは>
シルク・ドゥ・ソレイユは、 1984年のカナダ・ケベックでの設立以来、 世界6大陸400都市を巡り、全世界で1億6千万人以上もの人々を魅了してきたエンターテインメント集団。人間の持てる能力の限界まで追求したパフォーマンスと、生演奏、照明、舞台美術、衣装、振付に至る全てにこだわり、それらを融合させた芸術性の高さから、世代、国境を越え愛され続けている。


<キュリオスとは>
「キュリオス」は、1984年のシルク・ドゥ・ソレイユ創設以来35作品目で、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年を記念して制作された特別な作品。タイトルの「KURIOS(キュリオス)」は「Curiosity(キュリオシティー)」が語源で、「好奇心」という意味と「骨董品」という意味を持つ「CURIOS」の頭文字を「K」にもじったシルク・ドゥ・ソレイユ独自の造語。「キュリオス」は2014年の開幕以来、2017年5月のヒューストン公演までに230万人を動員している。日本では、2018年2月の東京公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、仙台を巡演予定。