軽乗用車「ミラ イース」をフルモデルチェンジ ~DNGAの原点を確立するモデルとして、軽の本質である「低燃費・低価格」に加え、「安全・安心」を追求~

2017年05月09日
ダイハツ工業株式会社

ミラ イース G“SAⅢ”(2WD)

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、軽乗用車「ミラ イース(Mira e:S)※1」を6年ぶりにフルモデルチェンジし、5月9日(火)から全国一斉に発売する。

初代ミラ イースは、社会の環境志向の高まりを受け、軽自動車の意義を再度見直し、当時ガソリン車としては最高※2となる30.0km/ℓ、80万円を切る入り口価格を実現。「低燃費」「低価格」「省資源」な「第3のエコカー」として、2011年9月に発売し、軽自動車の新たなジャンルを切り開いたモデルである。

一方で近年お客様のニーズは、経済性に加え、「こだわり・安心・品質」といった、自分ならではの価値を求める傾向にある。そこで、女性や高齢者、地方のお客様を中心に「日常生活のパートナー」としてお使いいただいているミラ イースのフルモデルチェンジに際し、軽自動車の本質である「低燃費・低価格」に加え、多くのお客様の声をうかがった中で見えてきた、「+αの魅力」として、「安全・安心」を追求。安心な運転に繋がる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を同車で初めて採用した。

また、新型ミラ イースは、ダイハツの目指すユーザーオリエンテッドなクルマづくりを実現するための独自の事業構造である「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の原点を確立するモデルである。DNGAの原点とは、「低燃費」・「低価格」・「安全・安心」を追求し、「見て、触って、乗って感じるクルマのあるべき姿」にこだわり、お客様の日常に寄り添う、「いつでも、誰でも気軽に乗れる軽」を基点とした、スモールカーづくりの考え方である。

ダイハツは今後、新型ミラ イースで確立したDNGAの原点に基づき、DNGA第一弾となる新プラットフォームを搭載した軽自動車を投入、さらに小型車やグローバルへの展開も目指す。


新型ミラ イースの主な特長は、以下の通り
1.軽量化等による35.2km/ℓ※3の低燃費(全車エコカー減税免税レベル)
2. 入り口価格84.2万円※4からの低価格
3.安全・安心の基本性能と装備(スマートアシストⅢ等)
4.力強さと先進性を表現したデザイン
5.日常にジャストフィットする快適装備

※1:Eco(Ecology・Economy)&Smart(賢い選択)の略
※2:2011年9月20日時点
※3:L“SAⅢ”/ L /B“SAⅢ”/ B ・2WD車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)
※4:B・2WD車。メーカー希望小売価格(消費税込み)

※詳細は、ページ上部の「PDFダウンロード」よりご確認ください

関連コンテンツ

関連記事
2022/11/04新「タント」発売1カ月時点で約50,000台を受注
2022/10/11ダイハツの軽商用車「ハイゼット カーゴ」「アトレー」が...
2022/10/03上質で迫力のあるスタイルに進化した新「タント カスタム...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年