ダイハツ軽乗用車 「タント」マイナーチェンジを行い、内外装デザインを刷新

2015年12月14日
ダイハツ工業株式会社

タント カスタム RS “トップエディション SAⅡ”

タント X “ホワイトアクセント SAⅡ”

ダイハツ工業株式会社は、主力車種である軽乗用車「タント」のマイナーチェンジを行い、12月14日(月)から全国一斉に発売する。

「タント」は2003年の発売から軽の常識を覆す「広さ」で軽モアスペースという新しいカテゴリーを創造。2007年の2代目では「ミラクルオープンドア」の採用により「使い勝手の良さ」を追求し、2013年にフルモデルチェンジした3代目では、それらの要素をさらに進化することで、子育て世代の女性を中心に多くのお客様からご好評いただいている。

今回のマイナーチェンジでは、新たな顧客の獲得を目指し、「タント」「タント カスタム」の 内外装を刷新しながら、お求め安い価格を維持することで商品魅力を向上。
「タントカスタム」は、大型エアロバンパーの採用やバックドアのメッキ加飾追加などで、 上質な外観とした。さらに“トップエディション SAⅡ”グレードは、専用のエアロバンパーの設定により、存在感のあるデザインとした。
「タント」は内装色を一新することで、質感を向上。また、かわいらしさ・おしゃれなデザインを好まれるお客様のご要望にお応えすべく、ホワイトを基調とした2トーンカラー「X“ホワイトアクセント SAⅡ”」グレードを新たに設定した。

※詳細は添付のPDFファイルをご参照ください。

ニュースリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年