• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2014/12/24

ダイハツ軽オープンスポーツカー「コペン」 上級グレード「Robe S」を新設定

2014年12月24日
ダイハツ工業株式会社

コペン ローブ S※1

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、軽オープンスポーツカー「コペン」の上級グレードとなる「コペン ローブ S」を12月24日から全国一斉に発売する。
新型コペンは「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現し、2014年6月19日に1つ目の意匠となる「コペン ローブ」を発売。11月19日には、2つ目の意匠となる「コペン エクスプレイ」を発売した。

今回発売する「コペン ローブ S」は、コペン ローブをベースに、初代コペンのアルティメットエディションと同様の位置づけとして、従来からご好評頂いたスポーツプレミアムブランドの装備を新型コペン用として新設計し、さらなる操舵の正確性向上と、より引き締まった上質な乗り心地の両立を図った。
足回りには、ダイレクト感溢れるハンドリング、操縦安定性とフラットな乗り心地を追求した専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーを採用。内装には、手ざわりと意匠にこだわり、スエード調生地を使用したレカロシート(内装色に合わせベージュ/ブラック※2の2色を設定)と、MOMO製革巻きステアリングを専用設計として採用した。さらにCVT車にはステアリングから手を離さずマニュアル感覚のシフト操作ができるパドルシフトをダイハツ初採用し、「クルマって楽しい」を一層磨き上げた。
また、コペン専用デザインのBBS製鍛造16インチアルミホイールはメーカーオプションとすることで、車両価格設定を低く抑え、お客様の嗜好で選べるようにした。
なお、2015年1月9日(金)から1月11日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC※3」のダイハツブースで展示を行う。

※1:BBS製鍛造16インチアルミホイールはメーカーオプション
※2:ブラックインテリアパックはメーカーオプション
※3:主催/東京オートサロン事務局(TASA)、共催/日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)

※詳細は、添付のPDFファイルをご参照ください。