• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2013/04/16

ダイハツ福祉車両 ムーヴ「フロントシートリフト」 軽福祉車で初めて衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用 ~同時にシートリフト機構を一新し、利便性向上と低価格化も実現~

2013年04月16日
ダイハツ工業株式会社

ムーヴ フロントシートリフトX“SA”

ダイハツ工業(株)は、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ フロントシートリフト」を
マイナーチェンジし、4月16日(火)から全国一斉に発売する。
軽自動車の福祉車両は、コンパクトなボディサイズや、優れた経済性・利便性などが評価されて、販売
台数を着実に伸ばしてきた。その中でダイハツの「フレンドシップシリーズ」は、軽自動車福祉車両の中
で約50%のシェア※1を獲得している。
今回の改良では、軽福祉車で初めてとなる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用した。
また、シートリフト機構の一新による頭上高さの拡大、昇降時間の短縮。また、助手席アームレスト高
さの改良など、利便性が向上した。さらに、価格の見直しを行い、入り口価格で従来よりも約6万円の値
下げをすることで、お求めやすい価格とした。
なお、ムーヴフロントシートリフトは、4月18日(木)よりインテックス大阪で開催される第19回
総合福祉展「バリアフリー2013」にて、初出展する。

※1:2012年実績。ダイハツ調べ

※詳細は、PDFダウンロードボタンよりご覧ください。