• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2012/12/20

ダイハツ軽乗用車「ムーヴ」 クラストップ29.0km/Lの低燃費を達成  さらに基本性能を向上し、軽初の衝突回避支援システムも搭載

2012年12月20日
ダイハツ工業株式会社

ムーヴ X“SA”

ムーヴ カスタム RS

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「ムーヴ」をビッグマイナーチェンジし、12月20日(木)から全国一斉に発売する。今回は、マイナーチェンジとしては異例の大幅な改良を施し、燃費性能に加え、基本性能、安全性能、デザインなどの各機能が大幅に進化した。
同時に福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ フロントシートリフト」も仕様変更した。

今回のムーヴは、昨年発売した「ミライース」で培った軽自動車の本質である「低燃費・低価格」をさらに進化させた「e:Sテクノロジー第2弾」を搭載。それに加え「ファン&リラックスドライブ」を コンセプトに基本性能を向上。また、先進の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用するなど、ダイハツの考えるクルマづくりの全てを盛り込んだ。

新しいムーヴの主な特長は、以下の通り
①クラストップの低燃費29.0km/Lを既存技術の徹底追求により低価格で達成
②基本性能を大幅に向上し、安心感のある走りや、快適な乗り心地、上質な室内空間を実現
③軽自動車初となる、衝突回避支援システムなどの先進デバイスを低価格で搭載
④安心感・存在感を感じるデザイン

※1:全高1,550mm以上の軽乗用車クラス 2012年12月現在 ダイハツ調べ
※2:ターボエンジン車を除く2WD車
※3:2012年12月現在 ダイハツ調べ

※詳細は、PDFダウンロードボタンよりご覧ください。