ダイハツ軽乗用車 「TANTO(タント)」をフルモデルチェンジ

2007年12月17日
ダイハツ工業株式会社

タント X Limited スペシャル 2WD

タント カスタムRS 2WD

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「タント*1」をフルモデルチェンジして、12月17日(月)から全国一斉に発売する。

「タント」は2003年11月、驚きの広々空間で、家族みんなの楽しさを追求したクルマとして誕生。その広さと使いやすさが子育てユーザーの支持を集め、軽自動車の新ジャンルを開拓。月販平均台数も約8,000台を記録し、非常に好調に推移してきた。

今回のフルモデルチェンジでは、「“驚きの広さ”を超えた“感動の空間”」を目指し、高い安全性や燃費性能などの基本性能の進化はもちろん、3つの“ミラクル”でタントのDNAである「広さ」と「使いやすさ」を徹底追求。家族時間を子供と一緒に楽しみたい子育てファミリーに嬉しい機能価値を極めた「タント」と、こだわりを重視する男女を魅了する感性価値を追求した「タントカスタム」の異なる個性の2タイプを設定した。

新型「タント」の主な特長は、

驚きの広さが更に進化した軽自動車最大*2の室内空間“ミラクルスペース”
軽初*3となるセンターピラーレス&スライドドアの“ミラクルオープンドア”を採用し、圧倒的な開放感と抜群の乗降性を実現
ママとキッズの声から生まれ、多様なシーンで抜群の利便性を実現した“ミラクルユーティリティ”
タント/タントカスタムらしさを極めた内外装デザイン
プラットフォームからエンジンまで全身一新し、さらに進化した安全・走行・環境性能
*1 タント(Tanto)… イタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味。
*2 2007年12月現在、ダイハツ調べ(室内長x室内幅x室内高)
*3 2007年12月現在、ダイハツ調べ

1.車両概要

ミラクルスペース ~驚きの広さを更に進化させ、軽自動車最大*1の室内空間を実現~

2,490mmの超ロングホイールベースやエンジンルームのコンパクト化などにより、軽自動車最大*2の室内長(2,160mm)と室内幅(1,350mm)を実現。ゆとりの室内高(1,355mm)と合わせ、軽自動車最大の室内空間を実現
軽自動車トップ*2となる1,135mm*3の前後カップルディスタンスや低くフラットなフロア高、ゆとりの室内高により、平均的な身長の小学校3・4年生*4なら立ったままでの着替えや後席サイドウォークスルーが可能
バックドア開口部は、最大幅1,120mm*3、高さ1,040mm*3、荷室フロア高595mm*3を確保し、高い積載性・利便性を実現。リヤシート左右を格納すれば、フラットで広大なラゲージスペースを実現
*1 2007年12月現在、ダイハツ調べ(室内長x室内幅x室内高)
*2 2007年12月現在、ダイハツ調べ *3 ダイハツ測定値
*4 出典 文部科学省学校保健統計調査(平成18年度)

ミラクルオープンドア ~軽初*1となるセンターピラーレス&スライドドアの採用により、圧倒的な開放感と抜群の乗降性を実現~

軽自動車としては初めて、センターピラーレスとスライドドアを組み合わせたミラクルオープンドアを採用。1,480mm*2もの広大な助手席側ドア開口を実現し、圧倒的な開放感と、優れた乗降性・積載性を両立
大きな荷物を抱えている時や雨天時に便利なパワースライドドア(左側・イージードアクローザー付)〔X Limited、X Limited スペシャル、カスタムX Limited、カスタムRSに標準装備〕や、キーフリーシステムを採用
フロントドア、運転席側リヤドアは、約90度フルオープンが可能。ワイドな開口幅とあわせ、優れた乗降性・積載性を実現
*1 2007年12月現在、ダイハツ調べ
*2 ダイハツ測定値

ミラクルユーティリティ ~ママとキッズの声から生まれた、多様なシーンで役立つ抜群の利便性~

子育てユーザーの声を徹底追求するため「ママキッズプロジェクト」を推進。子育て女性だけでなく、子供の視点を取り入れるとともに、見て、触れて、使って評価する触感マーケティングの手法を採用することで、多様なシーンで役立つ抜群の利便性を実現

助手席の後方に大きなスペースを生み、乗り降りや後席での子供のケアをラクに する280mmのロングスライドを助手席に採用
後席天井にタオルなどが収納できる大型のオーバーヘッドコンソール(ルーフイルミネーション付)を採用〔X Limited スペシャル、カスタムRSに標準装備。X、X Limited、カスタムX、カスタムX Limitedに「サポートパック」としてメーカーオプション〕
シートを倒せばテーブルとして活用できる助手席シートバックテーブルを採用
リビング感覚を演出し、汚れても水拭きができる軽初*のフローリングフロアを採用〔X Limited スペシャルに標準装備〕
お子様専用のキッズポケットをはじめ、入れるものや大きさまで考え抜いた充実の収納スペースを設定
車庫入れなどのバック時に見えにくい左後輪付近の視界をサポートするリバース連動ドアミラー〔X Limited スペシャルに標準装備。X、X Limited、カスタムX、カスタムX Limitedに「サポートパック」として、カスタムRSには、「デライトパック」としてメーカーオプション〕や、雨天時の車庫入れなどにうれしいリバース連動リヤワイパーを採用
体格や姿勢に合わせて最適なドライビングポジションが選べるアジャスタブルパック(運転席シートリフター&チルトステアリング&アジャスタブルショルダーベルトアンカー)を全車にメーカーオプション設定
* 2007年12月現在、ダイハツ調べ

タント デザイン

エクステリア ~タントらしさを更に進化させた“新タントプロポーション”~

タントらしさである超コンパクトノーズと超ビックキャビンを強調した上で、遊び心と楽しさが溢れるエクステリア
フロントからつながるサイドラインと、踏ん張り感のあるホイールフレアで更に進化した広い室内空間と安定感を強調するとともに、全体におおらかな丸みを持たせたシルエットと、丸型のリヤクォーターウィンドウなどの採用により遊び心を演出
グリップタイプのドアアウターハンドルや、視認性を高めた大型のランプの採用により機能性を向上
楽しさと優しさをもたらす新色3色を含む全9色*のカラーバリエーションを設定
* メーカーオプション1色を含む

インテリア ~圧倒的広さに、遊び心と親しみやすさを演出したインテリア~

広さを強調する低くワイドなセンターメータークラスターと、浮き上がったように見えるシルバーセンタークラスターの採用により、機能性と遊び心を演出
内装色には、明るく優しい印象のベージュとブラウンの2トーンカラーを採用。下方にベージュ色を配置することで足元まで明るく、広い印象を創出
曲線基調で丸みのあるシートやドアトリムの採用により安心感とぬくもり感を表現

タントカスタム デザイン

“ゴージャス&グレート クルーザー”に相応しい、こだわり・自己主張を重視する男女の感性を満たす「圧倒的な存在感」と「強い個性」が際立つタントカスタムを設定

エクステリア ~躍動感と重厚感を調和させた精悍なカスタムスタイル~

フードからフェイスにつながるシャープなキャラクターラインで躍動感を、大型バンパーや低重心グリルで重厚感を演出し、タントとは一線を画す、迫力と存在感溢れるスタイリングを実現
フロントには、精悍な4灯式ヘッドランプと、それに連続するクリアクリスタルのフロントガーニッシュを採用。リヤには、シャープなリヤコンビランプに、フロントとモチーフをあわせた大型のバックドアガーニッシュを組み合わせ、タントカスタムらしさを表現
虹色発色塗装を採用したミスティックブルーマイカアロワナなど、新色4色を含む全9色*のカラーバリエーションを設定
* メーカーオプション4色を含む

インテリア ~洗練された大人の優雅さ漂うゆとりのインテリア~

ブラックとダークグレーの2トーンカラーで、都会的なカスタムらしさを表現するとともに、立体的で押し出し感のある大型3眼センターメーターや MOMO革巻ステアリングホイール(カスタムRS)を採用。各所に施したシルバー加飾やメッキパーツと合わせ、精悍さや力強さを表現
横基調でワイド感を強調するソファ風の大型ベンチシートには、心地よい肌触りのスエード調のシート表皮を採用し、上質感を演出

安全性能 ~大きな安心感をもたらす、次世代基準を目指した安全性能~

衝撃分散式ボディ構造や高張力鋼板・差圧鋼板の採用などにより、優れた衝撃吸収性能や強固なキャビンの実現と軽量化を両立させた、衝突安全ボディ“TAF*”を採用
* TAF(タフ)… Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能が進化したボディという意味の造語
ピラー内蔵ドアの採用により、大開口の助手席側も高い安全性を実現。通常鋼板の約5倍*の強度を持つ超高張力パイプ材を使用したピラーを前後のドアに内蔵。ドアロックを3箇所に配置し、ボディとしっかり結合することで、ドアがピラーの役割を果たし、センターピラーのある運転席側と同等の衝突安全性を確保
* ダイハツ調べ
国内及び欧州衝突安全基準を余裕をもってクリアしたのはもちろん、さらに世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット 64km/h、側面55km/h、後面55km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保。また、現実の事故実態を考慮し、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面衝突、50km/h側面衝突)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証

乗員にやさしい安全インテリア“SOFI*”を採用

側面衝突時、胸部への衝撃を分散・緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席…助手席)と、前面衝突時に下半身(主に膝)を拘束し、シートベルトの働きに加えて乗員の保護効果を高めるSRSニーエアバッグを加えたエアバックシステムを設定
ダブルプリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルトを設定。〔L、カスタムL除く全車に、(1)(2)をセットにしたセーフティパックをメーカーオプション〕
ブレーキペダルが後退するのを防ぎ、ドライバーの脚部に与える影響を軽減するブレーキペダル後退防止機構や、衝撃を吸収しドライバーの頭部・胸部に与える影響を軽減する衝撃吸収式ステアリングを採用
* SOFI(ソフィ)… Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語
万一の歩行者事故を考慮し、最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、樹脂カウル、ワイパーピボット、フードヒンジなどに衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者 傷害軽減ボディを採用
ABS(EBD&ブレーキアシスト付)を標準装備〔L、カスタムLはメーカーオプション〕

パフォーマンス ~最新パワートレーン技術を集結し、優れた低燃費&加速性能を両立~

ロングストローク&コンパクト燃焼室の採用により、低中速域での豊かなトルクを発揮するとともに燃費性能に優れたツインカムDVVT*3気筒エンジン「KF-VE型」と、発進直後から高速走行まで力強くスムーズな加速感を生み出すツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」のTOPAZ NEOエンジンシリーズ2型式を搭載
* DVVT… Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構
世界初の「インプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造」を採用し、優れた加速性能と高い動力伝導効率を実現した、コンパクトで軽自動車に最適なCVTを搭載
KF-VEエンジンとCVTを組み合わせることで、低燃費(20.5km/)と優れた加速性能を両立


2.販売概要
国内月販目標台数 :8,000台
発表展示会 :2008年1月3日(木)~6日(日)


3.メーカー希望小売価格

タント

[単位:円]

グレード エンジン 駆動 トランス
ミッション
価格  
消費税込み 消費税抜き  
L 660cc
KF-VE
2WD 4AT*◆ 1,081,500 1,030,000  
4WD 4AT  1,202,250 1,145,000  
X 2WD 4AT*◆ 1,218,000 1,160,000  
4WD 4AT 1,338,750 1,275,000  
X Limited 2WD CVT◎*◆ 1,323,000 1,260,000  
X Limited スペシャル 2WD CVT◎*◆ 1,407,000 1,340,000

タントカスタム

[単位:円]

グレード エンジン 駆動 トランス
ミッション
価格  
消費税込み 消費税抜き  
カスタムL 660cc
KF-VE
2WD 4AT*◆ 1,260,000 1,200,000  
4WD 4AT 1,380,750 1,315,000  
カスタムX 2WD 4AT*◆ 1,365,000 1,300,000  
4WD 4AT 1,485,750 1,415,000  
カスタムX Limited 2WD CVT◎*◆ 1,470,000 1,400,000  
カスタムRS 660cc
KF-DET
2WD CVT* 1,617,000 1,540,000
4WD CVT  1,737,750 1,655,000  

★写真掲載
※ : 北海道地区の2WD車は、10,500円(税抜き 10,000円)高、価格にリサイクル料金含まず
◎ : 低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
* : グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆ : グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

関連記事
2023/10/06第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 202...
2023/05/22工場稼働停止に伴う、軽商用車価格改定の延期について
2023/04/20軽商用車「ハイゼット」 シリーズ、「アトレー」の価格改...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年