ダイハツ軽商用車 「ミラバン」をフルモデルチェンジ

2007年12月10日
ダイハツ工業株式会社

ミラバン TX 2WD

ダイハツ工業(株)は、軽商用車「ミラバン」をフルモデルチェンジし、12月10日から全国一斉に発売する。

今回発売する「ミラバン」は、2006年12月にプラットフォームからエンジンまで全身一新した軽乗用車「ミラ」をベースに3ドア化。基本性能を大幅に向上させるとともに、商用車の基本である使いやすさとゆとりの積載量を実現しました。さらに運転席/助手席のデュアルSRSエアバッグを全車標準装備したほか、上級グレードにはセキュリティアラームを設定するなど安全・安心面でも強化を図っている。

新型「ミラバン」の主な特長は、

新プラットフォームの採用したほか、新型ツインカムエンジン「KF-VE型」を全車に搭載し、走行性能、燃費、環境性能、静粛性などを向上

型式 最高出力
[kW(PS)/rpm]
最大トルク
[N・m(kg・m)/rpm]
グレード ミッション 10・15モード走行燃費
(km/リットル)
2WD 4WD
KF-VE 43(58)/7,200 65(6.6)/4,000 TL 5MT 26.0 ◎ 24.5 ◎
3AT 21.0 ◎ 21.0 ◎
TX 5MT 26.0 ◎ 24.5 ◎
3AT 21.0 ◎ 21.0 ◎

◎印:平成22年度燃費基準+20%達成

2. 新プラットフォーム採用により優れた利便性とゆとりの積載量を実現
3.安全・安心・快適装備の充実
4.低公害車の圧縮天然ガス(CNG)自動車「ミラバンCNG車」もフルモデルチェンジし2008年2月発売予定

1.車両概要

(1)基本性能の向上
•低中速域で豊かなトルクを発揮するとともに、燃費性能に優れた新型ツインカム3気筒エンジン「KF-VE型」を全車に搭載
•全車、「平成22年度燃費基準+20%」に適合
•全車、「平成17年排出ガス規制50%低減」の認定を国土交通省より取得
•新プラットフォームにより実現したロングホイールベースの採用や、サスペンションの基本設計を一新することで、優れた操縦安定性を実現

(2)ゆとりの積載量と優れた利便性
•新プラットフォームの採用により、荷室長1,260mm、荷室幅1,255mm、荷室高930mmのゆとりある荷室空間を確保(2名乗車時)
•運転席・助手席ドアは、いずれも約90°フルオープンが可能で、優れた乗降性・積載性を実現
•ロングホイールベースながら、運転しやすい最小回転半径4.2m(4WD車)を実現
•通常の立体駐車場に入庫可能な全高1,530mm
•バックドアの開閉に便利なバックドアハンドルを全車標準装備
•キーレスエントリーシステム、パワードアロックをTXに標準装備

(3)安全・安心・快適装備
•運転席/助手席にデュアルSRSエアバックを全車標準装備
•セキュリティアラームをTXに標準装備
•操作しやすい機能的なインストルメントパネルを全車に採用
•質感の高いシート表皮を全車に採用

(4)ミラバンCNG車も2008年2月発売予定
•低公害車の圧縮天然ガス(CNG)自動車「ミラバンCNG車」もフルモデルチェンジし2008年2月発売予定

2.国内月販目標台数

1,500台

3.メーカー希望小売価格

ミラバン

[単位:円]

駆動 グレード エンジン トランスミッション 価格  
消費税込み 消費税抜き
2WD TL 660cc
KF-VE
5MT * 656,250 625,000  
3AT * 714,000 680,000  
TX 5MT * 666,750 635,000  
3AT * 724,500 690,000
4WD TL 5MT * 792,750 755,000  
3AT * 850,500 810,000  
TX 5MT * 803,250 765,000  
3AT * 861,000 820,000  

★掲載写真

ミラバンCNG車

[単位:円]

駆動 エンジン トランスミッション 価格
消費税込み 消費税抜き
2WD 660cc
KF-VE(改)
4AT * ◆ 1,711,500 1,630,000

※ 北海道地区の2WD車は12,600円(消費税抜き12,000円)高。価格にはリサイクル料金は含まず
*: グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆: グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

関連記事
2023/10/06第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 202...
2023/05/22工場稼働停止に伴う、軽商用車価格改定の延期について
2023/04/20軽商用車「ハイゼット」 シリーズ、「アトレー」の価格改...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年