ダイハツ、東京モーターショーにオープンスポーツ「OFC-1」、「新型TANTO」「新型TANTO CUSTOM」などを出展

2007年10月09日
ダイハツ工業株式会社

OFC-1

MUD MASTER-C

HSC

新型TANTO

ダイハツ工業(株)は、10月27日(土)から11月11日(日)まで、千葉県・幕張メッセで開催される第40回東京モーターショーに、4車種6台の参考出品車と6台の市販車ならびに各種技術を出展する。

今回の東京モーターショーでは、創立100周年を機に新しく制定したグループスローガン『Innovation for Tomorrow』をテーマに掲げ、軽を中心としたスモールカーの創り出す「楽しさ」「環境への優しさ」「広さ」の可能性を追求した、革新的なクルマづくりへの挑戦を提案する。

具体的には、グラスルーフにより全天候で溢れる開放感と爽快な走りを融合し、小さなクルマの楽しさを追及した軽オープンスポーツの未来形「OFC- 1」、小ささと軽さが生み出す高い走破性に加えて、フレーム付ボディの圧倒的な耐久性と積載性をあわせ持つ「MUD MASTER-C」、人と地球にやさしいスモールカーの新提案「HSC」、軽自動車の新ジャンルを開拓したタントをより広く、より使いやすく進化させた「新型TANTO」「新型TANTO CUSTOM」などの参考出品車を展示するほか各種先進技術を出展する。

参考出品車

OFC-1(オーエフシーワン/Open Future Concept-1)

天候を問わずオープンエア感覚が楽しめる開放感と爽快な走りを融合し、小さなクルマの楽しさを追求した軽オープンスポーツの未来形。

電動キャノピートップにグラスルーフを採用し、クローズ状態でもパノラミックな視界を確保
グラスルーフにはスイッチ操作で透過/不透過を切り替えできる液晶サンシェイドを内蔵
機能性とメカニカルなイメージのインストルメントパネルや、ハイコントラストにまとめた室内配色など先進的で上質感あるインテリアを演出
ルーフ格納を3分割構造とすることで、オープン状態でも大人2名の1泊旅行程度の荷物が収納可能なトランクスペースを確保
スムーズかつパワフルな高性能ターボエンジンと7速パドルシフト・CVTを組合わせたパワーユニットに、電子制御サスペンション、17インチアルミホイール+スポーツタイヤを採用し爽快な走りと抜群の低燃費を実現

MUD MASTER-C(マッドマスターシー/Mud Master-Concept)

小ささと軽さが生み出す高い走破性に加えて、フレーム付ボディの圧倒的な耐久性と積載性をあわせ持つスモール&タフなトランスポーター。サイクルスポーツ界を代表する鈴木雷太氏と共同企画したマウンテンバイクサポートモデル

ドライブシャフトとハブの接続部分にギヤを組込んだ「ハブリダクションシステム」と大径16インチオフロードタイヤの採用により、370mmの最低地上高と余裕の3アングルを確保。高い踏破性・耐冠水性を実現
軽量・コンパクトなフレーム付ボディの高い耐久性を持つベースモデルに、多彩なアタッチメントを組合わせることで、本格アウトドアスポーツから過酷地での仕事などさまざまなシーンに適応
「MUD MASTER-C」は、マウンテンバイクサポートモデルとして、自転車の積み下ろしに便利な3面大型ガルウィングドアのアタッチメントボディを採用。
エクステリアは強さと存在感を主張したフルキャブスタイルを採用。インテリアはシンプルなインストルメントパネルに大型液晶マルチディスプレイや、撥水シートなどでタフさを演出

H S C(エイチエスシー/Heart & Smile Concept)

人と地球にやさしいスモールカーの新提案。現実的な技術で環境へのやさしさを徹底追求しながら、大人4名がしっかり乗れる室内空間、さらに高い安全性と使いやすさにもこだわった「ハート&スマイル コンセプト」

センターピラーレスと観音開ドアによるワイドな開口部と段差をなくしたフラットフロアにより、誰にでもやさしい乗降性を追求
フリクション低減と燃焼効率の向上などの改良を施した高効率エンジンとメカニカルロスを低減したCVT、アイドリングストップシステムの組合わせに加え、Cd値0.28の優れた空力コントロールデザインを採用。現実的なパワーユニットで、33km/L※の低燃費を実現
軽量かつ高いエネルギー吸収特性を発揮するストレートフレームとサイド/バックガイドモニターなどを採用しハイレベルな安全性を実現
優れた空力特性を実現しながらも、大人4名がしっかり乗車できる室内空間を確保。さらに、4座独立シートとすることで心地良い居住性を実現


※ 10・15モード走行燃料消費率。社内測定値。

新型TANTO & 新型TANTO CUSTOM(新型タント&新型タントカスタム)【市販予定車】

軽自動車の限られたサイズに中で究極のスペース効率を実現し、軽自動車の新しいジャンルを開拓したタント&タントカスタムの進化型。軽自動車NO.1※1の室内空間と軽自動車初※2のセンターピラーレスと、スライドドアを組合わせた『ミラクルオープンドア』によるワイドな開口部で誰にでもラクな乗り降りを実現

<新型TANTO>

より広く、より使いやすく、より楽しい感動空間パッケージで『幸せ家族の“感動”空間』を提案。
圧倒的な広さに親しみやすいやさしさ溢れる内外デザインを採用
ファミリーにうれしい充実のユーティリティに、リビング感覚の居心地を可能にする軽自動車初※2のフローリングフロアを設定
<新型TANTO CUSTOM>

軽自動車NO.1※1の室内空間に重厚で圧倒的な存在感を醸し出す『ゴージャス&グレート クルーザー』をコンセプトに開発
エクステリアは、安定感のある重厚デザインが存在感と迫力のある強い個性を表現
インテリアはゴージャスでムーディな雰囲気に仕立て上げたクルーザー感覚の上質かつ豪華な空間を演出
※1: 室内長x室内幅x室内高、2007年9月現在。ダイハツ調べ。
※2: 2007年9月現在。ダイハツ調べ。

新型TANTO WELCOME SEAT(新型タント ウェルカムシート)【参考出品車】

「新型TANTO」の福祉車両としての優れた素質を活かした新しい軽福祉車両の提案

「新型TANTO」の広大な室内空間とセンターピラーレスのミラクルオープンドア、約90度まで開くフロントドアによるワイドな開口部に組合わせた、助手席シートリフトにより、ラクな姿勢での乗降が可能。
乗降時に助手席シートリフトを後方にスライドさせることで、ゆとりある足元スペースを確保。
車外でシートベルトの着脱ができるため、助手席シートリフトによる乗降中も安定した着座姿勢が保てます。

技術展示

OPCS(オーピイシーエス/Omni-Directional Pre-crash Safety Support System)全方位事故回避支援システム

アクティブセーフティテクノロジーを進化させた先進の「全方位事故回避支援システム」。全方位360度をレーザーレーダーでセンシングすることにより、様々な事故回避を支援。

前後2つの広角度レーザーレーダーにより全方位360度をセンシング。歩行者を含む全ての障害物を検知します。
自車にぶつかってきそうな車両やバイクを検知すると、その方向にあるLEDランプを点滅させ、それら運転者に対して注意を促すアクティブセーフティ・ハザードを装備
運転者へ警報や車両情報などの安全情報を分かりやすく伝える3D映像表示を装備。
2.TOPAZ NEO KFエンジン(トパーズ ネオ ケイエフエンジン )

ダイハツの技術を結集し開発した新世代エンジン
性能、環境、静粛性、あらゆるステージでクラストップレベル※1を実現

ロングストローク+コンパクト燃焼室を基本構造とし、大幅なフリクション低減や高剛性アルミシリンダーブロックの採用などにより、低中速トルクを約5%向上※2
広いトルクレンジを確保しつつ、燃費は約10%向上※2
イーチバランスクランクシャフトなどの採用により高い静粛性も実現。
「エッセ」「ソニカ」「ムーヴ」「ミラ」などの市販車に順次採用しています。
※1:軽自動車自然吸気エンジン、2007年9月現在。ダイハツ調べ。
※2:当社従来のエンジンと比較。ダイハツ調べ。
3.スーパーインテリジェント触媒

3種類全ての触媒貴金属が自己再生する世界初※の「スーパーインテリジェント触媒」

ダイハツが世界に先駆け開発に成功した、優れた浄化性能を持続する画期的な触媒。触媒貴金属のパラジウム(Pd)・ロジウム(Rh)・白金(Pt)に自己再生機能を持たせることで、貴重な資源である貴金属使用量の大幅低減とクリーンな排出ガスの両立を可能にしました。
「エッセ」「ソニカ」「ムーヴ」「ミラ」など市販車に順次採用しています。
※:2007年9月現在。ダイハツ調べ。
4.CVT(シーブイティ)

低燃費・高効率・軽量・コンパクトな金属ベルト式CVT

世界初※のインプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造を採用し、ベルト回転速度の低減を図ることにより優れた動力伝達効率を実現。
世界トップレベル※の軽量・コンパクト化を実現し、軽自動車との適合性を徹底追及した新世代CVTです。
「ソニカ」「ムーヴ」「ミラ」など市販車に順次採用しています。
※:2007年9月現在。ダイハツ調べ。
市販車

ムーヴカスタムRS
ミラカスタムX
エッセVSメモリアルエディション
コペンアルティメットエディションIIメモリアル
アトレースローパー
ビーゴCX

ニュースリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年