ダイハツ新型小型乗用車「COO(クー)」を新発売 

2006年05月08日
ダイハツ工業株式会社

COO 1.5CX 2WD

ダイハツ工業(株)は、新型小型乗用車「COO(クー)*」を5月8日から全国一斉に発売する。

「COO(クー)」は、扱いやすさや優れた経済性が高く評価されているコンパクト2BOX市場において、多様化するお客様のニーズに応えるべく、カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンで自分らしさを表現できるクルマとして「ユニーク エモーショナル ワゴン」をコンセプトに開発。独創的で感性を刺激するエクステリアやインテリア、さらにコンパクトボディながら大人5人が快適に着座できる優れた居住性を確保し、マルチに使えるコンパクト2BOXワゴンとした。

ターゲットはヤングファミリーやヤングミセスとし、軽スペース系ユーザーの上級移行ニーズにも対応していく。

新発売の「COO(クー)」の主な特長は、

個性的で存在感のあるエクステリア、インテリアデザイン
ファミリーでマルチに使える機能的なパッケージ
ゆとりある走りと高い安全・環境性能
*「COO(クー)」・・英語の「かっこいい」「COOL」に由来し、広さを連想させる「空間」「天空」等にもつながる「COO」とした。

車両概要

エクステリア ~大胆な曲面を採用した存在感あふれるスタイリング~

短いフロントオーバーハングとタイヤを四隅に配置したどっしりとした安定感のあるプロポーションに「完成された個性」をテーマにした存在感のある造形デザインを採用
フロントは、グリル/バンパー面を平面的に折るデザインでシャープさと力強さを表現
サイドは、特徴的な凹面を採用したドア断面や高い位置に描いたダイナミックなキャラクターラインによりキレと力感を表現
リヤは、ゆるやかに弧を描く個性的なバックドアウィンドゥと左右のリヤコンビネーションランプをつなぐバックドアガーニッシュによりワイド感とプチゴージャス感を表現
CX-Limitedには、バンパーにビルトインされたフォグランプやサイドストーンガード、リヤスポイラーなどを装備し、一段と存在感のある精悍なフォルムを演出>
新色3色(ブルーイッシュホワイトパールマイカ*、イエローグリーンマイカメタリック、ダークレッドマイカ)を含む豊富な全8色のカラーバリエーションを設定>
*メーカーオプション
インテリア ~感性に訴える個性を追求した新感覚インテリア~

大きく弧を描くラウンド形状のインストルメントパネルなどにより、大らかにつつみ込む自分の部屋感覚のくつろぎを演出する独創的なインテリアデザインを採用
少ない視線移動で読み取れる2眼センターメーターや扱いやすい操作系の配置など運転しやすさを追求
イルミネーション付のフロントカップホルダー、フロントドアスピーカーリングなどにより華やかな個性を演出(CX、CX-Limited)
フロントシートは十分な横幅と厚みを持ち、ゆったりと着座できるソファー感覚のベンチシートを採用。運転席には全車にシートリフターを標準装備
リヤシートは左右独立リクライニング機能と240mm*のスライド機構を採用することで、快適な後席居住性と広いラゲージスペースを確保
シート生地は、光沢感のある格子模様のファブリックとマット調シート表皮の組み合わせによる高い質感を表現
*2WD車の場合(4WD車は220mm)
パッケージング・ユーティリティ ~扱いやすいコンパクトボディに、優れた居住性と積載性を実現したパッケージ~

全長4mを下回るコンパクトボディの中で、クラストップレベル*1の1,940mmの室内長と1,420mmの室内幅を実現。5名乗員時でも全員が快適に着座できる優れた居住性を確保
スライド量240mm*2のリヤシートスライド機構とあわせクラストップレベル*1の955mm*3の前後乗員間距離を確保
2名乗車時では、ゆとりある619l*4のラゲージスペースを確保
シートバックが左右別々にリクライニング・格納できるスライド機能付リヤシートによる豊富なシートアレンジ
ワイドトレッドとワイドタイヤを採用しながらも最小回転半径4.9mを実現
プラズマクラスターR*5を採用することで、車室内に浮遊するカビ菌の活動を抑制するとともに、ストレス緩和効果やリラックス効果のあるマイナスイオン比率を高め、快適で健康的な空間を創出
オートエアコンには、乗員の顔面付近に清浄なエアーを流し、花粉をすばやく低減させる「花粉除去モード」を採用(CS除く)
除塵効果の高いクリーンエアフィルターを全車に採用
*1 同排気量クラス(2006年4月現在、ダイハツ調べ)
*2 2WD車の場合(4WD車は220mm)
*3 ダイハツ測定値
*4 VDA方式によるダイハツ測定値
*5 プラズマクラスターはシャープ株式会社の商標
エンジン・メカニズム ~優れた加速性能と快適な乗り心地~

扱いやすく加速がなめらか、かつ低燃費の1.3lDVVT*4気筒エンジン(K3-VE型)及びあらゆるシーンでゆとりある走りを生み出す1.5l DVVT*4気筒エンジン(3SZ-VE型)の2型式を設定

型式 排気量 最高出力
(kW[PS]/rpm)
最大トルク
(N・m[kg・m]/rpm)
10・15モード走行
燃費(km/リットル)
2WD 4WD
K3-VE 1,297cc 68(92)/6,000 123(12.5)/4,400 16.4 15.2
3SZ-VE 1,495cc 80(109)/6,000 141(14.4)/4,400 16.0 -

快適な走りを生み、高い伝達効率で低燃費を実現する電子制御式4速ATに登坂変速制御を採用し、スムーズな走行性能を実現
各部の高剛性化や軽量化、十分なストローク確保などを施した専用サスペンションの採用により、しなやかな乗り心地と優れた操縦安定性を実現
*DVVT…Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構
安全性能 ~クラス世界トップレベルを追求した衝突安全性、充実の安全装備~

重量の異なる車両同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティの概念を取り入れた進化した衝突安全ボディ“TAF*1”を採用
衝突試験速度55km/hで全方位のクルマ対クルマの衝突実験を実施し、国内安全基準のクリアはもちろん、世界各国で実施されている厳しい試験法を組み合わせた衝突実験でも十分な生存空間を確保し、高い乗員保護性能を実現
万一の歩行者事故を考慮し、最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、カウル、フードなどの衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者傷害軽減ボディを採用
乗員にやさしい安全インテリア“SOFI*2”を採用

デュアルSRSエアバッグ(運転席/助手席)を全車に標準装備。さらにSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)&SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)をメーカーオプション設定
前席乗員の安全性を高めるプリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備
ISO FIX対応チャイルドシート(テザータイプ)を簡単に取付できる固定専用バーとトップテザーアンカーを後席に標準装備
制動時の車輪ロックを防ぐABS(EBD*3&ブレーキアシスト付)を標準装備

制動時における車輪のロックを防ぐABS、加速時などで駆動輪のスリップを防ぐTRC、コーナーリング時の横滑り制御、この3つの制御を組合わせ、急なハンドル操作や滑りやすい路面での車両安定性を確保するVSC*4を採用(CX、CX-Limitedの1.5l 2WDにメーカーオプション)
*1 TAF(タフ)…Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全
機能が進化したボディという意味の造語
*2 SOFI(ソフィ)…Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員に
やさしく、より安全なインテリアを表した造語
*3 EBD…Electronic Brake force Distribution(電子制動力配分システム)
*4 VSC…Vehicle Stability Control
環境性能 ~触媒貴金属の省資源化まで徹底したハイレベルの環境性能~

ダイハツが世界に先駆けて開発した、通常であれば劣化していく触媒用貴金属(パラジウム)に自己再生機能を持たせることで、貴金属使用量を約70%低減し省資源に貢献する「インテリジェント触媒」を全車に採用
全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得
2WDは「平成22年度燃費基準」を達成
内装部品に使用する素材や接着剤を見直すことで、臭いや鼻・のどへの刺激の原因とされるホルムアルデヒドなどの車室内のVOC(揮発性有機化合物)放出量を、厚生労働省が定めた室内濃度指針値以下に抑制
アクセサリー ~個性をより際立たせる豊富なアクセサリー~

「COO(クー)」の個性を際立たせ、より一層存在感を高めるエクステリア・インテリア アイテムを豊富に用品設定
渋滞状況を予測し最適ルートを案内するサービスなどを有する先進のテレマティクスサービスG-BOOK ALPHAに対応したHDDナビゲーションシステムを採用(オプション設定)
国内月販目標台数

1,000台

メーカー希望小売価格

[単位 : 円]

駆動 エンジン グレード トランスミッション 価格※  
消費税込み 消費税抜き
2WD K3-VE
(1.3リットル)
CS 4AT 1,365,000 1,300,000  
CL 1,449,000 1,380,000  
3SZ-VE
(1.5リットル)
CX 4AT 1,617,000 1,540,000
CX-Limited 1,701,000 1,620,000  
4WD K3-VE
(1.3リットル)
CL 4AT 1,642,200 1,564,000  
CX 1,789,200 1,704,000  
CX-Limited 1,873,200 1,784,000  

★ : 写真掲載
※ : 北海道地区の2WD車は14,700円(税抜き14,000円)高、価格にリサイクル料金は含まず

関連記事
2022/11/04新「タント」発売1カ月時点で約50,000台を受注
2022/10/11ダイハツの軽商用車「ハイゼット カーゴ」「アトレー」が...
2022/10/03上質で迫力のあるスタイルに進化した新「タント カスタム...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年