ダイハツ新型軽乗用車「Tanto(タント)」を新発売

2003年11月27日
ダイハツ工業株式会社

Tanto X 2WD

ダイハツ工業(株)は、新型軽乗用車「タント*1」を11月27日から全国一斉に発売する。

「タント」は、経済性や扱いやすさからスモールカーが市場の中心となり、またライフスタイルや用途に応じたクルマへのニーズが高まる中、「しあわせ家族空間」をコンセプトに、独自のパッケージングで驚きの広々空間を創り出した、新しい価値を持つ新ジャンルの軽自動車として開発。「アクティブキッズファミリー」をメインターゲットに、家族みんなと毎日楽しめるクルマとした。

新発売「タント」の主な特長は、

軽最大*2、2,440mmのホイールベース、2,000mmの室内長など革新的なパッケージングによる驚きの広々空間と、利便性を追求した豊富な収納スペース
コンパクトノーズとビッグキャビンの新ジャンル感あふれるスタイリング、開放感のあるシンプルでプレーンなインテリア
安全性能・走行性能・環境性能など、高品質の基本性能
*1 タント(Tanto) … イタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味。
毎日の暮らしの中で、乗る人、使う人みんなにたくさんのしあわせをもたらすクルマでありたいという思いをこめた
*2 2003年11月現在、ダイハツ調べ

車両概要

パッケージング・ユーティリティ
~「驚きの広々空間」「優れた乗降性」「便利な収納」を実現した革新のFFパッケージ~

コンパクトノーズと、2,440mm*1ものロングホイールベース、フラットフロアを採用した革新的なパッケージングにより、広大な室内空間を実現
ミドルクラスセダン*2と並ぶ2,000mm*1の室内長を活かし、1,040mm*3もの前後乗員間距離を確保
バックドア開口部は、最大幅1,120mm*3、高さ1,020mm*3、床面地上高600mm*3を確保し、高い積載性・利便性を実現
左右分割してロングスライド(260mm)やリクライニング、手軽な操作での格納が可能なリヤシートを採用。余裕あふれる快適な後席居住性を実現するとともに、リヤ シート左右を格納すれば1,407リットル*4の、広大でフラットなラゲージスペースを確保
前後席とも段差を抑えたドアステップを採用、特に後席はディーラーオプションのカーペットマットを装着すれば完全にフラットとなるよう設定。いずれも約90度まで開くドア(中間ストッパー付)と合わせ、高い乗降性・利便性を実現
大容量の運転席アッパーボックスや、後席側から引き出せる助手席下のユースフルトレイ(Lを除く全車に標準装備)、後席フロアアンダーボックス(助手席側)など、社内外の女性モニターの声を聞き利便性を追求した、収納スペースを採用
*1 軽自動車クラス最大(2003年11月現在、ダイハツ調べ)
*2 1,800cc~2,000ccクラス4ドアセダン
*3 ダイハツ測定法による寸法
*4 VDA方式によるダイハツ測定値
インテリア
~開放感あふれる、シンプル&プレーンなリビング感覚のインテリア~

ライトグレーとベージュの、ワイド感を強調した横基調のツートーンインストルメントパネルなど、シンプルでプレーンなインテリアデザインを採用
十分なサイズと厚みを持つクッション、シートバックや、肌触りが良く伸縮性が高い 表皮などにより、心地良いフィット感を実現したソファー感覚のシートを採用
ルーフライニングやトリム、シートなど、室内全体を明るいベージュでコーディネイトし、広大なグラスエリアと合わせ開放感あふれる居心地の良い空間を演出
常用域(~100km/h)の文字を大きくした大型1眼センターメーターを、やや運転席寄りの最適な位置に配置することにより、高い視認性を実現
インパネATシフトを採用し、スムーズなシフト操作とサイドウォークスルーを実現
エクステリア
~「広さ」「くつろぎ」を表現した新ジャンル感あふれるスタイリング~

コンパクトノーズとビッグキャビンをバランスさせた斬新なプロポーション
大型バンパーで安心感を強調したフロントデザイン
バックドアウインドゥをサイドまで回し、ワイド感、安定感を表現したリヤデザイン
フロントクォーターウインドゥやガラス見切りのバックドアウインドゥなど、圧倒的な開放感を生む広大なグラスエリア
X LimitedとRSには、大型エアロバンパー(フロント/リヤ)やサイドストーンガードなどを装備し、スポーティで安定感のあるフォルムを演出
豊富な全10色*のカラーバリエーションを設定
* メーカーオプション2色を含む
安全性能
~次世代の基準を目指した安全性能~

新骨格構造を採用した、進化した衝突安全ボディ“TAF*”を採用。また、超ハイテン材と差厚鋼板を採用したフロントサイドメンバーなど、高効率エネルギー吸収構造を前部に備えたボディを開発し、コンパクトノーズを可能にするとともに、強固なキャビンの実現と軽量化を両立
* TAF(タフ)…Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能が進化したボディという意味の造語
国内及び欧州衝突安全基準を余裕をもってクリアしたのはもちろん、さらに世界で実施されている厳しい試験法を組み合わせた衝突実験(前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面50km/h)を実施。いずれの実験においても優れた安全性を確保。また、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面、50km/h側面)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証
乗員にやさしい安全インテリア“SOFI*1”を採用

デュアルSRSエアバッグ(運転席/助手席)を全車に標準装備
プリテンショナー&フォースリミッター(運転席可変)機構付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。運転席側は、シートベルト荷重を段階的に制御することにより乗員を保護する可変フォースリミッター機構を採用
車両衝突時、衝撃を吸収しドライバーの頭部・胸部に与える影響を軽減する衝撃吸収式ステアリング、ブレーキペダルが後退してドライバーの脚部に与える影響を軽減するブレーキペダル後退防止機構を採用
ISO FIX対応チャイルドシート(テザータイプ)*2を簡単に取付できる固定専用 バーとトップテザーアンカーを標準装備、万一の衝突時でのチャイルドシートの前方移動を効果的に抑制するとともに、チャイルドシートを装着したままでシートスライド が可能
*1 SOFI(ソフィ)…Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員に
やさしく、より安全なインテリアを表した造語
*2 ディーラーオプションにて2004年1月末発売予定
万一の歩行者事故を考慮し、最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、樹脂カウル、 ワイパーピボット、フードヒンジなどに衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者傷害軽減ボディを採用
ABS(EBD&ブレーキアシスト付)を標準装備(Lはメーカーオプション)
エンジン・メカニズム
~スムーズでクリーンな走り、静かで快適な乗り心地~

軽やかな出足加速を実現したツインカムDVVT*3気筒エンジン(EF-VE型)、 パワーと扱いやすさを両立したツインカム3気筒ターボエンジン(EF-DET型)のTOPAZエンジンシリーズ2型式を搭載
* DVVT…Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構

型式 最高出力
[kW(PS)/rpm]
最大トルク
[N・m(kg・m)/rpm]
グレード 10・15モード走行燃費(km/リットル)
2WD 4WD
EF-VE 43(58)/7,600 64(6.5)/4,000 L、X、
X Limited
18.0 16.8
EF-DET 47(64)/6,400 103(10.5)/3,200 R、RS 17.6 17.2

タイムラグを感じさせない高い応答性と、なめらかなシフトフィールを実現する電子制御式4AT“ESAT*”に登坂変速制御を採用し、スムーズな走行性能を実現(R、RS)
* ESAT(イーサット)…電子制御式4AT,Economy&Smooth Automatic Transmissionの略
スプリングやショックアブソーバーなどを最適にチューンしたサスペンションを採用し、快適な乗り心地を実現
しなやかな操舵感を実現する新開発の電動式パワーステアリングを全車に採用
環境性能
~貴金属使用量を大幅に低減するインテリジェント触媒を全車に採用~

ダイハツが世界に先駆けて開発した、通常であれば劣化していく触媒用貴金属(パラジウム)に自己再生機能を持たせることで、貴金属使用量を約70%低減し省資源に貢献する「インテリジェント触媒」を全車に採用
ツインカムDVVTエンジン(EF-VE型)搭載の2WD車は、平成12年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、国土交通省「超-低排出ガス車」認定を獲得。その他も全車、平成12年基準排出ガス50%及び25%低減レベルに適合、それぞれ国土交通省「優-低排出ガス車」「良-低排出ガス車」認定を獲得
ツインカムDVVTエンジン(EF-VE型)搭載の2WD車は、DVVTエンジン、電動式パワーステアリングの採用などにより2010年燃費基準に適合し、「超-低排出ガス車」認定との同時適合によりグリーン税制(低燃費車・低公害車の普及促進税制)に適合。またハイブリッド車、電気自動車などと並び低公害車として、グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合
アクセサリー
~室内を快適にし、楽しさ・便利さを高める豊富なアクセサリー~

肌にやさしいアトガード加工を施したシートカバーや、消臭機能を持つトリプルフレッシュ加工を施したカーペットマットなど、快適な室内環境を実現する用品を設定
オーバーヘッドネットやベビーカー固定ベルトなど、広大な空間をより有効に活用できる便利な収納用品を設定
ダイハツの軽自動車として初めて、G-BOOKオンラインサービスに対応した車載機を設定
国内月販目標台数

5,000台

メーカー希望小売価格(全国統一、消費税は含まず)

[単位:千円]

駆動 エンジン グレード トランスミッション 型式 車種記号 価格
2
W
D
660cc
3気筒NA
L ◎*◆インパネ4AT UA-L350S GPGF 998
X ★ ◎*◆インパネ4AT 1,130
X Limited ◎*◆インパネ4AT 1,198
660cc
3気筒TC
R インパネ4AT TA-L350S GQGZ 1,230
RS インパネ4AT 1,350
4
W
D
660cc
3気筒NA
L インパネ3AT LA-L360S GHGF 1,088
X インパネ3AT 1,220
X Limited インパネ3AT 1,288
660cc
3気筒TC
R インパネ4AT TA-L360S GQGZ 1,340
RS インパネ4AT 1,460

★ 写真掲載
※北海道地区の2WD車は8千円高
◎低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
*グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

関連記事
2023/10/06第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 202...
2023/05/22工場稼働停止に伴う、軽商用車価格改定の延期について
2023/04/20軽商用車「ハイゼット」 シリーズ、「アトレー」の価格改...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年