ダイハツ『環境報告書2003』を発行

2003年10月08日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、このほど、2002年度の環境への取り組み実績をまとめた年次報告書『環境報告書2003』を発行した。

ダイハツ『環境報告書2003』は、これまでと同様、環境省の環境報告書ガイドラインに沿って網羅性や正確性を確保しつつ、一般のお客様にも読みやすく理解しやすい紙面構成に努めた。

今回の報告書のポイントは以下のとおり。

環境省の環境会計ガイドラインに基づく、環境コストと経済効果の開示

環境コスト 104億円(前年度比△24%)
経済効果 6.3億円(前年度比△43%)
1999年度から2002年度までの環境コストの変化を分析し公開

1998年度のISO14001導入直後の環境投資が一段落したため、2002年度の環境コストは1999年度比31%に減少。
環境に配慮した製品の積極的投入

低燃費、低排出ガス技術開発を推進し、2002年度発売したムーヴ、ミラは、全て「2010年度燃費基準」を早期達成。
産業廃棄物の削減活動
(1) 直接埋立廃棄物は、200トン(2001年度)から6トンに削減。1990年比では99.97%削減に相当
(2) 焼却廃棄物は、2005年目標(1990年比1/3以下)を早期達成。
尚、報告書の内容はインターネットに全文を記載するとともに、希望者には無償で配布する。
英語版は2003年10月末日発行の予定。

<参考資料>

2002年度の主な活動内容

環境マネジメント

グループ企業の環境マネジメントシステム導入を継続して推進。2002年7月、グループの国内製造会社24社全てがISO14001の認証取得を完了(11ページ)
海外の生産拠点での環境保全活動強化のため、生産環境委員会の下に海外部会を新設(9ページ)
製品開発

2001年に軽自動車初の「超-低排出ガスレベル(☆☆☆)」認定車を市場投入以来、積極的に車種の拡大および普及活動を実施。2002年度の軽乗用車の「超-低排出ガスレベル(☆☆☆)」出荷台数の割合は、54%。
低燃費技術開発を推進。2002年に発売したムーヴ・ミラは全て2010年度燃費基準を早期達成。ミラVは、直噴エンジンとアイドルストップ装置の組み合わせで、世界最高レベルの低燃費を実現(18ページ)
生産工場

2002年度の直接埋立廃棄物を全社で6tまで削減。1990年比99.97%の削減。
2003年1月に焼却廃棄物の2005年目標(1990年比1/3以下)を早期達成(28ページ)
販売・サービス

販売会社の環境マネジメントシステムの構築をさらに推進するため「環境拠点診断制度」を導入。販売拠点単位での環境保全活動の把握と販売会社の社内監査体制づくりを強化(35ページ)
社内外のコミュニケーション、社会貢献活動

環境に優しいCNG車の普及のため、本社前に一般公開型CNGガスステーションを運営。2002年度周辺地域のCNGバス、行政公用車の導入により充填ガス量が年間7万m3と順調に増加。

関連記事
2023/05/17スズキ、ダイハツ、トヨタ、商用軽バン電気自動車を公開
2023/04/03SCG、トヨタ、CJPT、タイでのカーボンニュートラル...
2023/04/03CP、トヨタ、CJPT、タイでのカーボンニュートラルに...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年