ダイハツ軽自動車「ミラ」をフルモデルチェンジ

2002年12月20日
ダイハツ工業株式会社

ミラ L 2WD

ミラアヴィ X 2WD

ダイハツ工業(株)は、軽自動車「ミラ」をフルモデルチェンジし、12月20日から全国一斉に発売する。

「ミラ」は、1980年6月に新発売、「広さの1.5BOX」をコンセプトに、スペースユーティリティを追求した実用性とファッショナブルなスタイリングで、若い女性を中心に圧倒的な支持を得た。発売から22年を経た本年2002年5月には、国内生産累計台数が450万台を突破した。

今回6代目となる新型「ミラ」は、初代の基本コンセプト「広々空間&小粋なスタイル」を受け継ぎながら、スモールカーの本質である「高い経済性と実用性」、そして「クラスを越えた高品質・高性能」を実現した“革新的パッケージの次世代ベーシック”として、プラットフォームをはじめ全てを一新した。

また、お洒落で活動的なミセスをターゲットとした『ミラ』、そして知的でアクティブな若い女性をターゲットとした『ミラアヴィ』の異なる2つのタイプを設定、より幅広い世代の志向に対応している。

同時に、軽商用車「ミラ バン」も一新、更なる拡販を目指す。

新型「ミラ」の主な特長は、

革新的パッケージと空力を調和した次世代フォルム、高い質感の内外装
すべての世代に快適な使い勝手
全車、2010年度新燃費基準に適合するとともに、国土交通省「超-低排出ガス車」※1をはじめとする「低排出ガス車」認定を獲得、高い環境性能を実現
軽初、直噴エンジン(自然吸気)と、新開発「DAIHATSU STOP AND GO SYSTEM」※1との組み合わせにより、ミラVはガソリン車世界最高の低燃費※2を実現
スモールカートップレベルの安全性能
お求めやすい価格
※1 エンジン&メカニズム参照
※2 ハイブリッド車除く。10・15モード走行<国土交通省審査値>2002年12月現在

車両概要

パッケージング ~2.5m2Innovation~

小さなボディに1,895mmの室内長(ミラアヴィは1,915mm)、1,300mmの室内幅、890mmの前後乗員間距離(従来型比+100mm)を実現した革新的パッケージ
従来型に比べ75mmアップした1,500mmの全高(ミラアヴィは1,530mm)で、前後左右すべてにゆとりのある快適な室内空間を実現
地上からのシート高を、乗り降りに最適な580mm※(従来型比+40mm)に設定
※ミラアヴィは610mm。いずれも当社測定法による寸法

エクステリア ~高効率なパッケージと空力を調和した次世代フォルム~
<ミラ“ Aero Big Cabin ”>

フェンダーからルーフに流れる流麗なラインとウェッジの効いたベルトラインで躍動感を強調した新デザイン
フロントヘッドランプやグリルはシンプル&クリーンな印象、リヤスタイルはキャラクターデザインをバックドアまで回り込ませ立体的なデザインを実現
ロングホイールベースとボリュームのあるブリスターフェンダーを採用、安定感のあるサイドビューを演出
<ミラアヴィ“ Stylish Dynamism ”>

縦型ヘッドランプやボリュームアップしたフード、メッキグリルの採用により、シャープで立体感のあるフロントデザイン
縦形のリヤコンビランプ&ハイマウントLEDストップランプを組み合わせ、アーチ状の個性豊かなリヤデザイン
大径タイヤやメッキモール付サイドストーンガードの採用などにより、低重心で安定感を強調
豊富なカラーバリエーション

新車体色ローズメタリックを加え、全12色※の豊富なカラーバリエーションを設定
[ミラ8色、ミラアヴィ9色、ミラバン2色] ※メーカーオプション1色を含む

インテリア ~親しみやすく、上質な内装~

あらゆる世代に親しみやすく、操作性の向上を徹底的に追求
各パーツ毎にフラッシュサーフェス化したインパネや、シームレスの助手席SRSエアバッグ、樹脂パーツに新シボを採用するなど、面一感のある上質な室内を演出
大きさや配置にこだわったスイッチ類に、アンバー色のイルミネーションを採用、夜間の視認性と使い勝手を向上
<ミラ ~広々感を徹底的に追求、機能性に優れたインテリア~>

張りと厚みを感じさせる面構成とゆるやかなウェーブで親しみやすい雰囲気を演出したインパネを採用
大きくシンプルなデザインで視認性に優れた1眼メーター(透過照明式)を採用
<ミラアヴィ ~各種メッキ&ウッドバーツの採用で華やかなインテリア~>

メッキリング付き2眼メーター(タコメーター付)[ミラアヴィR、RS]やメッキプレート付シフトノブ[AT車]、メッキスピーカーリング[ミラアヴィX、RS]など、各種メッキパーツを採用、華やかな室内を演出
視認性に優れた1眼メーターに、ブルーLED照明を採用[ミラアヴィL、X]
ウッド調センタークラスターやMOMOウッドステアリング[ミラアヴィX、RS]、手触りの良いベロア調シート生地の採用により、上質で落ち着いた室内を演出

ユーティリティ ~すべての世代に快適な使い勝手~

4つのドアは、いずれも約90°フルオープンが可能で、高い乗降性・積載性を実現
最適なドライビングポジションが選べる運転席シートリフターやチルトステアリング、さらにシートベルトを自然な位置に移動できるアジャスタブルショルダーベルトアンカーを採用[ミラアヴィX、RSは3点が標準装備。ミラアヴィL、Rはアジャスタブルショルダーベルトアンカーは標準装備、他2点はセットでメーカーオプション。 ミラL、Xは3点がセットでメーカーオプション]
室内ルーフ中央部にドーム式ルームランプ[ミラL、X、ミラアヴィ全車]や、ルームランプ&フロントマップランプ(左右)[ミラアヴィ全車]を採用するなど室内照明を充実
工夫を凝らした19個(従来比+6個)の豊富な収納スペースを確保
先進のIT対応として、マルチインフォメーションDVDナビシステム(インテグレートDVDタッチパネルナビ、CDまたはMDチューナー、ハンズフリー対応(携帯電話・差込みタイプ)、ヘルプネット対応(別途契約が必要、手動通報タイプ)、オートエアコンなど)をメーカーオプション設定[ミラアヴィ X、R、RS]

エンジン・メカニズム ~クリーン&エコノミーなTOPAZエンジンシリーズ~

軽やかな出足加速を実現したツインカムDVVT※3気筒エンジン(EF-VE型)、パワーと扱いやすさを両立したツインカム3気筒ターボエンジン(EF-DET型)、実用性と経済性に優れたダイレクトOHC3気筒エンジン(EF-SE型)のTOPAZエンジンシリーズ3型式を採用
※DVVT…Dynamic Variable Valve Timing、連続可変バルブタイミング機構
高出力と低燃費を実現する、軽初の直噴エンジン(自然吸気)“トパーズ DI※1エンジン”と、新開発「DAIHATSU STOP AND GO SYSTEM※2」を組み合わせることにより、ガソリン車世界最高の低燃費※3(30.5km/リットル)を実現[ミラV]
※1 DI:Direct Injection
※2 DAIHATSU STOP AND GO SYSTEM:
車両が一時停止しアイドリング不要時に、エンジンを自動停止。
クラッチを踏み込むだけで再びエンジンが始動するシステム
※3 ハイブリッド車除く。10・15モード走行<国土交通省審査値>2002年12月現在

型式 最高出力
[kW(PS)/
rpm]
最大トルク
[N・m(kg・m)/rpm]
グレード 10・15モード走行燃費
(km/リットル)
5MT 3AT 4AT CVT
EF-VD 44(60)/
7,600
65(6.6)/
4,000
ミラV 30.5 - - -
EF-VE 43(58)/
7,600
64(6.5)/
4,000
ミラX 23.5
< 21.5>
- 20.5
< 18.8>
24.0
< 22.0>
ミラアヴィL、X <21.5> - 20.5
< 18.8>
-
ミラU - - 20.5 -
EF-DET 47(64)/
6,400
103(10.5)/
3,200
ミラアヴィR <20.0> - 19.0
< 18.4>
-
ミラアヴィRS 21.5
< 20.0>
- 19.0
< 18.4>
-
EF-SE 35(48)/
6,400
56(5.7)/
4,800
ミラL 23.0
< 21.5>
20.0
< 19.0>
- -
ミラA 23.5
< 21.0>
21.0
< 18.4>
- -

タイムラグを感じさせない高い応答性と、なめらかなシフトフィールを実現する電子制御式4AT“ESAT※”に登坂変速制御を採用、スムーズな走行性能を実現
[ミラアヴィR<4WD車>、RS<4WD車>]
※ESAT(イーサット)…電子制御式4AT,Economy&Smooth Automatic Transmissionの略
エンジンマウントの変更や吸遮音材の最適配置などにより、騒音や振動を効果的に低減し、クラストップレベルの静粛性を実現
サスペンションストローク量を約20%アップ、さらに新開発Lアーム式フロントサスペンション、リヤのトーコレクトブッシュの採用により、優れた乗り心地と操縦安定性を実現
環境性能 ~「超-低排出ガス車」をはじめ、全車「低排出ガス車」認定を獲得~

ダイハツが世界に先駆けて開発した「インテリジェント触媒」を、ツインカムDVVTエンジン(EF-VE型)に採用
ツインカムDVVTエンジン(EF-VE型、EF-VD型)搭載の2WD車は、平成12年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、国土交通省「超-低排出ガス車」認定を獲得。その他も全車、平成12年基準排出ガス50%および25%低減レベルに適合、それぞれ国土交通省「優-低排出ガス車」「良-低排出ガス車」認定を獲得
ツインカムDVVTエンジンや電子制御式4AT[ターボ4WD車]などにより燃費を向上、全車2010年度新燃費基準に適合
2010年度新燃費基準と低排出ガス車認定制度の同時適合により、全車グリーン税制(低燃費車・低公害車の普及促進税制)に適合
ツインカムDVVTエンジン搭載の2WD車は、ハイブリッド車、電気自動車などと並び低公害車として、グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合
安全性能 ~スモールカートップレベルの安全性能~

新骨格構造を採用した、進化した衝突安全ボディ“TAF※”を採用。
国内及び欧州衝突安全基準を余裕をもってクリアしたのはもちろん、さらに世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面 55km/h、後面50km/hの衝突実験においても優れた安全性を確保。また、現実の市場事故実態を考慮し、ダイハツ独自の目標を設定したクルマ対クルマの衝突実験(50km/h前面衝突、50km/h側面衝突)を実施し、十分な生存空間の確保と、高い乗員保護性能を実証
※TAF(タフ)… Total Advanced Functionボディの略で、総合的に衝突安全機能が進化したボディという意味の造語
新骨格構造ボディは、プラットフォームを一新し、サイドメンバーのストレート化及び強化を図るとともに、衝撃分散式ボディ構造やハイテン材の採用(サイドメンバー、ロッカーパネル、サイドパネルなど)などにより、衝撃吸収性能の向上や強固な キャビンの実現と軽量化を両立
乗員にやさしい安全インテリア“SOFI※”を採用

デュアルSRSエアバッグ(運転席/助手席シームレス)を標準装備
[ミラ、ミラアヴィ全車]
側面衝突時、頭部への衝撃を分散・緩和するSRSカーテンシールドエアバッグを採用、SRSサイドエアバッグと、車両後面からの中低速での衝突時にヘッドレストを前方へ移動し頸部への衝撃を緩和するダイナミックサポートヘッドレスト(フロント)、撥水ドアガラス(フロント)、運転席アシストグリップとセットでメーカーオプション設定[ミラアヴィX、R、RS]
車両衝突時、二次的に乗員の頭部と客室上部とが衝突した時の衝撃を緩和するヘッドインパクトプロテクション[ミラバン除く全車]、ブレーキペダルが後退してドライバーの脚部に与える影響を軽減するブレーキペダル後退防止機構、衝撃を吸収しドライバーの頭部・胸部に与える影響を軽減する衝撃吸収式ステアリングを採用
プリテンショナー&フォースリミッター機構付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備(ミラバンはフォースリミッター機構のみ)
※SOFI(ソフィ)… Safety-Oriented Friendly Interiorの略で、乗員にやさしく、より安全なインテリアを表した造語
万一の歩行者事故を考慮し、最も傷害を受けやすい頭部保護を第一に考え、フェンダー、フード、フードヒンジ、ワイパーピボットの各所に衝撃緩和装置、吸収スペースを設けた歩行者傷害軽減ボディを採用
ABS(EBD&ブレーキアシスト付)を標準装備[ミラX、ミラアヴィX、R、RS]
DVS※IIを採用。DVSIIは、(1)TCS(Traction Control System) 、(2)ABS、(3)横滑り制御、の3つの機能を持ち、雨や雪などで滑りやすくなった路面でも安定した走行が可能。今回新たに4WD車にも設定
[ミラアヴィR(AT車)、RS(AT車)にメーカーオプション。2003年2月設定予定]
※DVS…Daihatsu Vehicle Stability control system
見通しの悪い交差点での安全確認を補助するブラインドコーナーモニターを採用
[マルチインフォメーションDVDナビシステム装着車にメーカーオプション]

国内月販目標台数 8,000台

(ミラジーノを含むミラシリーズで10,000台)

メーカー希望小売価格(全国統一、消費税は含まず)
<ミラ>

[単位:千円]

駆動 エンジン グレード ドア数 トランスミッション 型式 車種記号 価格
2
W
D
660cc3気筒NA L 3 ◎*5MT TA-L250S FMMK 699
◎*3AT FHMK 759
5 ◎*5MT GMMK★ 739
◎*3AT GHMK 799
X 5 ◎*◆5MT UA-L250S GMGF 829
◎*◆4AT GPGF 899
◎*◆CVT GBGF 927
V 3 ◎*◆5MT UA-L250S FMGV 920
4
W
D
660cc3気筒NA L 3 ◎*5MT TA-L260S FMMK 824
◎*3AT FHMK 884
5 ◎*5MT GMMK 864
◎*3AT GHMK 924
X 5 ◎*5MT LA-L260S GMGF 954
◎*4AT GPGF 1,024
◎*CVT GBGF 1,052

★ 写真掲載
※ ミラV 2WD車は北海道は8千円高。その他の2WD車は13千円高
◎ 低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
* グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆ グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

<ミラアヴィ>

[単位:千円]

駆動 エンジン グレード ドア数 トランスミッション 型式 車種記号 価格
2
W
D
660cc
3気筒NA
L 5 ◎*◆4AT UA-L250S GPSF 940
X ◎*◆4AT UA-L250S GPSF★ 1,040
660cc
3気筒TC
R ◎*4AT LA-L250S GPSZ 1,100
RS ◎*5MT LA-L250S GMVZ 1,130
◎*4AT GPVZ 1,200
4
W
D
660cc
3気筒NA
L 5 ◎*5MT LA-L260S GMSF 990
◎*4AT GPSF 1,060
X ◎*5MT LA-L260S GMSF 1,090
◎*4AT GPSF 1,160
660cc
3気筒TC
R ◎*5MT LA-L260S GMSZ 1,150
◎*電子制御式4AT GQSZ 1,220
RS ◎*5MT LA-L260S GMSZ 1,250
◎*電子制御式4AT GQSZ 1,320

★ 写真掲載
※ 2WD車は北海道8千円高
◎ 低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
* グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆ グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

<ミラ バン>

[単位:千円]

駆動 エンジン グレード ドア数 トランスミッション 型式 車種記号 価格
2
W
D
660cc3気筒NA A 3 ◎*5MT LE-L250V FMRK 555
◎*3AT FHRK 645
U ◎*◆4AT UE-L250V FPRF 698
4
W
D
660cc3気筒NA A 3 ◎*5MT LE-L260V FMRK 698
◎*3AT FHRK 758

※ 2WD車は北海道13千円高
◎ 低燃費車・低公害車の普及促進税制適合車
* グリーン購入法特定調達物品等の判断基準に適合
◆ グリーン購入法に基づく政府公用車の基準に適合

関連記事
2023/01/24一部車種にアイドリングストップレス仕様のグレードを追加
2022/12/23『夢ふくらむ、はじけるダイハツ』~東京オートサロン20...
2022/12/15ダイハツ「ハイゼット トラック」が「オートカラーアウォ...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年