ダイハツ、ガイキンドインドネシア国際オートショー2022に「ロッキー」ハイブリッドモデルやコンセプトカー「AYLA BEV」などを出展

2022年08月11日
ダイハツ工業株式会社

ロッキー(ハイブリッドモデル)

AYLA BEV

ダイハツ工業株式会社(以下 ダイハツ)のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、8月11日(木)~21日(日)にジャカルタで開催される「ガイキンドインドネシア国際オートショー2022(以下 GIIAS2022)」に、日本で販売しているコンパクトSUV「ロッキー」のハイブリッドモデルやコンセプトカー「AYLA(アイラ)BEV」など、全9台の車両や技術展示物を出展します。

2021年11月に日本で発売した「ロッキー」のハイブリッドモデルは、ダイハツ独自の小さなクルマに最適なシリーズ式ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を搭載しており、海外のモーターショーに出展するのはこれが初めてとなります。また「AYLA BEV」は、ADMが自社のR&Dセンターにて製作した、コンパクトハッチバック車「AYLA」ベースのバッテリー電気自動車のコンセプトカーです。
ダイハツは、GIIAS2022にこれら電動車を出展することで、プラクティカルな電動車によるサステナブルな普及を推進する考え方を来場者にお伝えするとともに、7人乗りMPV※1「SIGRA(シグラ)」や「AYLA」といったLCGC政策※2適合車である低燃費、省資源なコンパクトカーを含め、インドネシアにおけるカーボンニュートラルの実現に貢献していく企業姿勢を発信します。

ダイハツブースではその他に、2021年11月にフルモデルチェンジした7人乗りMPVの新型「XENIA(セニア)」や5人乗りコンパクトSUV「Rocky(ロッキー)」といったDNGA商品や、7人乗りSUV「TERIOS(テリオス)」などのドレスアップモデル、今年6月にマイナーチェンジした5人乗りコンパクトカー「SIRION(シリオン)」など、合計9台の車両と、「e-SMART HYBRID」のユニットやD-CVTなどの技術展示物を出展します。

ダイハツは今後もインドネシアをはじめ、アセアンを中心とした各地域での自動車の普及および産業発展、人材育成に貢献し、お客様の生活に寄り添った企業を目指します。

※1: Multi-Purpose Vehicle

※2: Low Cost Green Car。インドネシアのエコカー政策

関連記事
2022/07/20ダイハツ、マレーシアでBセグメント小型車を新発売
2021/11/11ダイハツ、インドネシアでDNGA初となるBセグメント小...
2021/11/11ダイハツ、ガイキンドインドネシア国際オートショー202...

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年