ダイハツ、国内自動車生産累計 3,000 万台を達成

2020年10月01日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、2020年9月生産分実績をもって、ダイハツブランド車両の国内生産累計台数3,000万台を達成※1した。

ダイハツは、内燃機関の国産化を目的に、1907年(明治40年)に発動機製造株式会社として産学協同で設立。1931年に500ccのエンジンを搭載した三輪自動車「ダイハツ号」を発売し、自動車製造業を開始した。戦後は1957年に発売した軽三輪自動車「ミゼット」が小売業者などのお客様にご好評いただき、1958年にはダイハツ初の四輪自動車として小型トラック「ベスタ」を発売。その後、1960年に初の軽四輪自動車として商用車「ハイゼット」、1977年には小型乗用車「シャレード」、1980年には軽乗用車「ミラ」※2など、軽自動車から小型車まで、お客様の暮らしに寄り添い、日常の生活や仕事を支える多様なスモールカーを生産してきた。

現在ダイハツはお客様の様々なニーズにお応えし、お求めやすい価格でご提供できるスモールカーづくりを目指し、低コスト・高品質な生産を実現する「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」をコンセプトとした、ダイハツの3拠点(滋賀(竜王)工場、京都工場、本社(池田)工場)およびダイハツ九州株式会社大分(中津)工場の合計4拠点で完成車の生産を行っている。

2019年からは、ダイハツらしい軽自動車を基点とした新世代のクルマづくり「DMGA(DaihatsuNew Global Architecture)」による新商品を発売しており、引き続きトヨタグループにおけるスモールカーメーカーとして発展すべく、お客様一人ひとりを照らし、軽やかなモビリティライフを提供するというグループスローガン“ Light you up” の考え方のもと、多様なニーズにお応えできるクルマづくりを推進していく。

初の三輪自動車「ダイハツ号」(HA 型)

初の軽三輪自動車「ミゼット」(DKA型)

初の小型四輪自動車「ベスタ」

※1: ダイハツ調べ。2020年9月末時点での速報値をもとに計算。他社へのOEM供給車両を除く国内生産車両のみ(輸出車両(CBUおよびCKD)を含む)

※2: 軽乗用車「クオーレ」の商用車版「ミラ クオーレ」として発売。1982年より「ミラ」として販売

以上

関連記事
2022/11/292022年10月 生産・販売・輸出実績
2022/11/04新「タント」発売1カ月時点で約50,000台を受注
2022/10/282022年9月および4-9月 生産・販売・輸出実績
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年