DNGA第3弾となる、新型軽クロスオーバー「タフト」を発売 ~日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒~

2020年06月10日
ダイハツ工業株式会社



タフト G(ディーラーオプションのメッキパック装着車)(左)、タフト G(右)

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」※1を6月10日(水)から全国一斉に発売する。

「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発。2019年に発売した、「タント」「ロッキー」に続く、新世代のクルマづくり「DNGA」第3弾商品であり、ダイハツの主力車種として、拡大傾向にある軽クロスオーバー市場に投入する。

エクステリアデザインでは、スクエアボディと高い最低地上高、大径タイヤ等により、SUVらしいタフさや力強さを表現するとともに、前席上には大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。また新しいパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を採用し、ワクワク感あるデザインと多彩な収容スペースのある前席「クルースペース」と、自由自在にアレンジ可能な後部「フレキシブルスペース」により、日常からレジャーまでアクティブに活躍できるモデルとした。

安全・安心面では、「先進技術をみんなのものに」という考え方のもと、予防安全機能「スマートアシスト」を進化させ、全車標準装備とした。新開発のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知を実現。またダイハツ初※2の「電動パーキングブレーキ」を採用するなど、安全・安心性能を向上させた。さらにDNGA新プラットフォームにより、乗り心地・操縦安定性の良さと力強い走りを実現し、これらをお求めやすい価格で提供する。

<「タフト」の主な特長>
1.タフさ・力強さを表現した「デザイン」
2.広大な視界による開放感と非日常感をもたらす「スカイフィールトップ」
3.日常からレジャーまでアレンジ自在「フレキシブルスペース」
4.DNGAによる、確かな「基本・安全性能」、「良品廉価」


ダイハツは“Light you up”の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供し、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップで、お客様のニーズにお応えしていく。

※1:コンセプトの“Tough & Almighty Fun Tool”の頭文字に由来
※2:OEM車を除く。2020年6月10日現在。

販売概要

月間販売目標台数:4,000台

メーカー希望小売価格(消費税込み)

(価格帯:1,353,000~1,732,500円)

グレード エンジン トランスミッション 駆動 価格(円)
X 660cc NA※3 CVT 2WD 1,353,000
4WD 1,479,500
☆G 2WD 1,485,000
4WD 1,611,500
G ターボ 660cc TC※4 2WD 1,606,000
4WD 1,732,500

☆1ページ写真掲載

※3:Naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)
※4:Turbo Charger(ターボエンジン)
◎価格にリサイクル料金は含まず
価格は希望小売価格であり、参考価格です。価格は販売会社が独自に定めますので、詳しくは販売会社にお尋ねください。

車両コンセプト

「Tough & Almighty Fun Tool」
幅広い年代のアクティブ志向層をターゲットに、「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発。アウトドアでの使い勝手を重視するユーザーだけでなく、自分らしさの表現にアクティブなイメージや見た目を重視するユーザーにも応えられる商品を目指した。

車両概要

1. タフさ・力強さを表現した「デザイン」

(1)エクステリア

◇カッコ良さと使いやすさを両立したスクエアなボディ
・水平基調なデザインが伸びやかなサイドシルエットを表現
・分厚いボディと薄いキャビンに太いセンターピラーでタフさを強調
・高い地上高とリフト感を強調する前後バンパーでSUVらしさを表現
・外径サイズがFF※5軽乗用車最大※6となる大径タイヤにより、力強いイメージを強調

◇車両のワイド感を強調するスクエアなランプ
・ヘッドランプと統一感のあるリヤコンビネーションランプが個性を強調
・先進的で夜間の視界確保にも貢献する安全安心なフルLEDヘッドランプを全車に採用

◇好みに合わせて2つの顔が選べる
「メッキパック(ディーラーオプション)」:フードガーニッシュ、バックドアガーニッシュ

メッキパック
(ディーラーオプション)

ダークブラックメッキパック
(ディーラーオプション)

※5:Front engine Front Drive の略称
※6:タイヤサイズ(165/65R15)として。2020年6月現在ダイハツ調べ。

(2)カラーバリエーション

◇自然界にあるものをイメージした新色「アースカラー」3色
・汚れても様になるスモーキーな「レイクブルーメタリック」
・力強く、個性を強調する「フォレストカーキメタリック」
・どんなレジャーシーンにも馴染む「サンドベージュメタリック」

◇新色3色を含む、道具感にこだわった全9色※7のカラーラインアップ

(3)インテリア

◇上質で使いやすいインストルメントパネル
・黒を基調とした、高い質感を味わえるデザインを採用
・ドライバーを中心に配置した機能部品で、使い勝手の良さも両立

◇個性的でアクティブなアクセント
・インストルメントパネル周りに設けたオレンジメタリックの加飾※8が、ワクワク感やアクティブさを表現

◇身体にフィットするホールド性の高いシート
・長時間のドライブでも疲れにくく、オレンジの差し色とカモフラージュ柄で個性も表現

インパネ(Gターボ)

シート(Gターボ)

(4)世界観を広げる多彩なコーディネート「3つのスタイルパック(メーカーオプション)※9

◇ブラックパック
・ブラック塗装の樹脂パーツ(ドアミラー、ドアハンドル)とガンメタリック塗装のアルミホイールを設定
・ダークブラックメッキパック(ディーラーオプション)を組み合わせることで、さらにタフな印象を強化

◇クロムパック
・メッキドアアウターハンドルとシルバー塗装のアルミホイールを設定
・メッキパック(ディーラーオプション)を組み合わせることで、さらに上質なスタイルを表現

◇ホワイトパック
・ホワイト塗装のドアミラーカバー、ドアアウターハンドル、スチールホイールの組み合わせでリラックス感のあるキャラクターを表現

ダークブラックメッキパック
+ブラックパック

メッキパック
+クロムパック

ホワイトパック

※7:カラーは一部メーカーオプションで、Gターボ、Gのみで選択可能。Xは全5色。詳細はカタログもしくは公式ホームページをご確認ください
※8:Gターボ、Gに標準装備
※9:Gターボ、Gにメーカーオプション

2. 広大な視界による開放感と非日常感をもたらす「スカイフィールトップ」

◇前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」
・明るく圧倒的な開放感はもちろん、大きく広がる視界を実現
・紫外線対策に加え室内温度の上昇も抑えるスーパーUV&IRカットガラスを採用
●UV=Ultraviolet rays(紫外線) ●IR=Infrared rays(赤外線)

スカイフィールトップ

3. 日常からレジャーまでアレンジ自在「フレキシブルスペース」

◇多彩なアレンジ
・Rrシートを倒した際、シートバックと荷室が段差無くつながり、ドアパネルとの隙間が無くなることで、小物が落下しにくい完全フラットスタイルを実現
・フレキシブルボードの使い方により、下段スタイルや立てかけスタイルとなり、背が高いものや大きなものも用途に合わせて積載可能

◇汚れに強いRrシート
・シートバックボードとデッキボード表面には立体形状のパターンを施し、樹脂製であるため汚れてもふき取りやすい利便性を実現
・使い方を広げるマルチフックに加え、荷物がズレ落ちるのを防止するラゲージネット(ディーラーオプション)も設定

フレキシブルスペース

完全フラットスタイル(左)、立てかけスタイル(右)

4.DNGAによる、確かな「基本・安全性能」、「良品廉価」

(1)DNGAによる高い基本性能

◇DNGA新プラットフォーム
・昨年の「タント」につづき、DNGA新プラットフォームを採用するとともに、進化した軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用したことで車両剛性を向上
・「頼れる相棒」「日常からレジャーまで」をキーワードに、市街地/郊外でもキビキビ動き、高速/山間でも安定、いざという時の安心感に加え、フラットな乗心地を実現
・快適なドライブを提供する高い静粛性も実現

◇ストレスなく安心して走行できる加速性能
・「タント」で改良した燃焼効率を高めたエンジンを採用し発進時の加速感を向上。さらにターボエンジンとD-CVT※10の組み合わせにより、気持ちの良い加速感を実現。

◇お客様に寄り添う良品廉価
・お客様のニーズを考えた各種機能、高い基本性能、予防安全技術を織り込みつつも、誰もがお求めやすい軽自動車にふさわしい価格を実現

※10:Gターボに標準装備

(2)SUVらしい悪路走破性

◇高い最低地上高
・190mmの高い最低地上高と大径タイヤに加え、アプローチアングル(27°)、ディパーチャーアングル(58°)により、未舗装路でも安心して走行可能

◇グリップサポート制御
・ぬかるんだ道や凸凹の多い路面でタイヤが空転したとき、空転した車輪に制動力を掛けることで空転を抑制し、もう片輪に駆動力を伝えることで、タイヤのグリップ状態をキープし、発進・加速をサポート

(3)進化したスマートアシスト※11による確かな安全性能

◇新型ステレオカメラ
・約3年半振りにステレオカメラを一新
・イメージセンサーの変更により、撮像性能を向上することで夜間歩行者へ対応
・カメラ認識処理変更により検知性能向上

◇進化した予防安全機能
・衝突回避支援ブレーキの対応速度引き上げと、夜間の歩行者検知機能追加に加え、路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能、標識認識種類増加(従来の進入禁止に加え最高速度、一時停止)の5つの新機能を追加し、全17種類の予防安全機能を搭載

◇停車保持機能により利便性が向上した、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)※12
・前走車に続いて停車した場合、停車保持することで渋滞走行をサポート

(4)ダイハツ初となる電動パーキングブレーキを全車に搭載

◇電動パーキングブレーキ
 ・シフト操作に連動してパーキングブレーキが作動、アクセル操作による解除が可能

◇オートブレーキホールド機能
・ブレーキを踏んで停止した時にブレーキを保持し、停車状態を維持
アクセルを踏むと自動的に解除するブレーキホールド機能搭載

(5)ダイハツコネクトが提供する「つながる安心」「快適・便利」

ダイハツコネクトHP:https://www.daihatsu.co.jp/connect/index.htm

◇スマホアプリ連携
・新搭載の9インチスマホ連携ディスプレイオーディオに加えて6.8インチスマホ連携ディスプレイオーディオをメーカーオプション設定
・従来の、SmartDeviceLinkTM※13、Apple CarPlay※14に加え、Android AutoTM※14に対応

※11:一部機能はメーカーオプションで設定。
予防安全機能「スマートアシスト」は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、路面や天候などの状況によっては作動しない場合があります。機能を過信せず安全運転を行ってください。詳しくは販売会社または公式ホームページをご確認ください。
※12:Gターボの標準装備、Gにメーカーオプションで設定
※13:SmartDeviceLinkTMはSmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標
※14:Apple CarPlayは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標。Android AutoTMは、Google LLCの商標。Apple CarPlay、Android Auto利用時は「ダイハツコネクト」および「ダイハツWi-Fi」はご利用できません

お客様からのお問合せについては、ダイハツお客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)にお願いいたします。

以 上

ニュースリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年