「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」の実証実験に参画 ~移動サービスのエコシステムにおけるモビリティのあり方について検討~

2019年12月06日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下 ダイハツ、本社:大阪府池田市、社長:奥平 総一郎)は、株式会社日本総合研究所(以下日本総研、社長:谷崎 勝教)が主催する「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム※1」(以下 本コンソーシアム)におけるローカル MaaS の実証実験(以下 本実証実験)に参画する。

本実証実験へ参画する背景・目的

ダイハツは、将来的に「住み続けられるまちづくりや元気あるまちづくり」の実現に貢献する「持続可能なモビリティサービス」が必要と考え、2017年度より日本総研との連携を開始し、2018年度から本コンソーシアムに参画してきた。実証実験の結果から、2019年度は本コンソーシアムが検討する「自治会などとの連携を通じて実現する地域の自助・共助と民間サービスとの組み合わせによる移動サービスのエコシステムづくり」におけるモビリティのあり方について検討するため、引き続き本コンソーシアムの実証実験に参画する。

本実証実験における当社の取組内容

前年度実証実験における検証結果をもとに、更なる改良を行った軽自動車サイズの車両※2を提供。新たな移動サービスの受容性と事業性を検討すべく、乗降性などの車両機能改良のみならず、住民間の交流や商店等の活性化のため、車内広告や地域のコミュニケーションツールとしての活用が可能な車載ディスプレイを新たに設置。また、車載端末より遠隔で車両データや車載カメラの映像データを収集、可視化できる体制を整え、各種データの活用および将来の自動運転を見据えた、遠隔監視システムの運用方法についても検証を行う。なお、本実証実験においては、自動運転ではなく、交通事業者の運転士による手動運行とする。

(左)車載ディスプレイ (右)遠隔監視システムのイメージ

※1:本コンソーシアムの詳細については日本総研のニュースリリースをご参照ください。
https://www.jri.co.jp/company/release/2018/0829/(本コンソーシアム設立について)
https://www.jri.co.jp/company/release/2019/1206/(本実証実験について)
※2:ベース車両(アトレーワゴン)の詳細については商品サイトをご参照ください。 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/

以上

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年