競争力向上を目的に京都工場のリフレッシュ工事を決定

2018年08月30日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、100年に一度の大変革期の中にある自動車業界において、今後もグローバルに競争力を維持・向上するための生産体制強化を目的に、操業開始から45年が経過した京都工場(京都府乙訓郡大山崎町)のリフレッシュを決定した。

京都工場は、ダイハツグループ内の生産拠点として、主に小型車を中心とした生産を行っており、これまで「シャレード」「パイザー」「テリオス」などダイハツの主力小型車に加え、「プロボックス」「サクシード」や「シエンタ」「ポルテ」などのトヨタ自動車株式会社の小型車や商用車の受託生産などを行ってきた。

今回のリフレッシュでは、DNGA(Daihatsu New Global Architecture)をベースに、開発を進めている次世代新型車生産も視野に、ダイハツの生産におけるキーワード「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」を、より一層進化させる。そのためにこれまで培ってきた伝統を受け継ぎながら、最新技術を織り込むことで、高品質なスモールカーの生産を行う事はもちろん、CO2削減など環境負荷にも配慮した工場とする。
さらに次世代の自動車生産環境を念頭に、従業員の働きやすさ向上や、負荷変動への柔軟な対応に取り組むと共に、地域の方々にモノづくりを身近に感じていただき、ダイハツと地域の方々とが交流を図れる工場を目指す。
なお、工場のリフレッシュ工事は、2018年9月に着工し、段階的に新工場での操業を開始する。

ダイハツは、「Light you up」の考え方のもと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供することを目的に、様々な改革を進めていく。

<新京都工場概要(予定)>

所在地:京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字北細池1番
用地面積:約15万4千㎡(変更無し)
延べ床面積:約4万2千㎡(新築部分のみ)
設備投資:約350億円
操業開始:段階的に操業を開始し、2022年頃に完工予定
リフレッシュ工程:塗装、組立など

以上

ニュースリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年