インドネシア国際オートショー2017 世界初出展となる小型車のコンセプトカーなどを出展

2017年08月10日
ダイハツ工業株式会社

DN MULTISIX

DN F-SEDAN

ダイハツ工業(株)(以下 ダイハツ)のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM ) は、8月10 日(木)~ 2 0日(日) にジャカルタで開催される「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017(GIIAS2017)」に、世界初出展となる小型車のコンセプトカー「DN MULTISIX」「DN F-SEDAN」の2台や、東京オートサロン2017に出展した軽乗用車「ムーヴ キャンバス Sporza」や小型乗用車「トール Grand Custom」に加え、ダイハツ110周年を記念したインドネシア現地市販車の特別仕様車など総勢15台を出展する。

今回出展するコンセプトカーは、どちらも世界初出展となり、インドネシアのお客様の生活に寄り添い、生活を豊かにする新提案の車両。
「DN MULTISIX」は多人数乗車が主流のインドネシアにおいて、現在ADM が保有するMPV ラインナップ「セニア」「シグラ」に続く新しいカテゴリーのFF※1MPV※2とした。
「DN F-SEDAN」は、A セグメントのハッチバックセダンタイプの小型車。ADM のラインナップには無い、新しい市場の可能性を探るコンセプトカーとした。

ADM は、インドネシアにおけるブランドメッセージである「Daihatsu Sahabatku (=My Best Friend)」のもと、それを体現するFun, Friendly & Reliable のイメージを継続訴求。更にはダイハツ110周年の感謝を込めて、「Daihatsu FestiveFun」をブーステーマに、インドネシアのお客様ニーズに応える現地最適商品の開発や、現地化への取り組みをアピールする。

※1:Front drive Front engine
※2:Multi Purpose Vehicle

~出展概要~(出展総数:15台)

<コンセプトカー>
・「DN MULTISIX」:ワールドプレミア
ダイハツのコンパクトカー技術を活かしたFF ベースのMPV モデル
ウォークスルー可能な広い室内空間と、スタイリッシュな外観を両立

・「DN F-SEDAN」:ワールドプレミア
アジア市場の嗜好にマッチしたスポーティかつスタイリッシュなテイストを、
コンパクトセダンで実現し、新しい市場の可能性を表現

・「ムーヴ キャンバス Sporza」(第35回東京オートサロン出展車)
・「トール Grand Custom」(第35回東京オートサロン出展車)


<インドネシア市販車>
・「シグラ」、「セニア」、「テリオス」、「シリオン」、「ルクシオ」(110周年記念特別仕様車)
・「アイラ」、「ハイマックス」


<技術展示>
・VR ドライビング体験 (VR Driving Experience)

以上

ニュースリリース

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年