• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2017/08/01

ダイハツ 軽乗用車「ムーヴ」、 軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジ ~スマートアシストⅢ採用などで安全・安心性能を向上し、内外装も刷新~

2017年08月01日
ダイハツ工業株式会社

ムーヴ X“SAⅢ”

ムーヴ カスタム RS“ハイパー SAⅢ”

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「ムーヴ」、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジし、8月1日(火)から全国一斉に発売する。

「ムーヴ」は1995年にダイハツ初の「スペース系軽自動車」として誕生し、年齢性別を問わず多くのお客様からご好評をいただいてきた、ダイハツの基幹車種の一つである。2012年12月に実施したマイナーチェンジにて、当時軽自動車初※1となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用。2014年12月に発売した6代目の現行モデルでは、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初めて搭載し、低燃費と高い基本性能を実現した。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載※2。また、4箇所のカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用※3し、安全・安心性能を向上させながら、『ムーヴ』を中心に価格を見直し、さらにお求めやすい設定とした。

また、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新。『ムーヴ』ではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。『ムーヴ カスタム』では新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどによる、先進的で上質感あるエクステリア、新意匠のインパネガーニッシュなどによる上質感あるインテリアとした。その他、リヤシートのラゲージ側に、リヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させている。

さらに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』の変更内容を織り込み、安全・安心性能の向上と内外装の魅力向上を図った。

※1:2012年12月時点。ダイハツ調べ
※2:「ムーヴ」「ムーヴ フロントシートリフト」の全ての“SAⅢ”グレードに設定
※3:ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ”、ムーヴおよびムーヴ フロントシートリフトのカスタムX “Limited SAⅢ”はメーカーオプションでパノラマモニター対応カメラの装着が、ムーヴ カスタムX はメーカーオプションでパノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックの装着が必要。また、全グレードともディーラーオプションでパノラマモニター対応ナビゲーション(8インチ/7インチ)の装着が必要

※詳細は、ページ上部の「PDFダウンロード」よりご確認ください

関連コンテンツ