ダイハツ軽乗用車「タント」、軽福祉車「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」 予防安全性能アセスメント最高評価のJNCAP先進安全車「ASV++」を獲得

2017年03月14日
ダイハツ工業株式会社

タント X“SAⅢ”

「ASV++」ロゴ

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)が2016年11月30日に発売した、「スマートアシストⅢ」を搭載する軽乗用車「タント」と軽福祉車「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」が、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※1)が実施する2016年度JNCAP※2予防安全性能アセスメントにおいて、ダイハツとしては初めて最高評価である「ASV++※3」を獲得した。
ASV++を獲得したタントの希望小売価格は1,285,200円※4~となっている。

この予防安全性能アセスメントは、安全な車社会へのニーズの高まりに対応するため、2014年度より開始された。評価は従来の「被害軽減ブレーキ(AEBS)※5【対車両】」「車線はみ出し警報(LDWS)※6」「後方視界情報※7(バックモニター等)」に加え、2016年より「被害軽減ブレーキ(AEBS)【対歩行者】」が追加され、全部で4つの装置についての試験となる。

評価点は71点が満点となっており、各評価の合計点が2点超の場合に先進安全車「ASV」、12点超の場合は先進安全車「ASV+」、さらに46点超の場合は「ASV++」に認定される。ダイハツの軽乗用車では「スマートアシストⅡ」を搭載している軽乗用車「ムーヴ」「キャスト」が2015年度評価で「ASV+」の認定を受けており、今回の2016年度評価における「ASV++」はタントが初めての認定となる。

ダイハツは今後も、スモールカーに最適な先進装備を開発し、低価格でご提供することで、より多くのお客様に安心、安全をお届けする。

※1:National Agency for Automotive Safety & Victims’Aid
※2:Japan New Car Assessment Program
※3:Advanced Safety Vehicle ++
※4:タントX“SAⅡ” 2WD車。価格は消費税込み。価格にリサイクル料金含まず。  
※5:正式名称:衝突被害軽減制動制御装置(Autonomous Emergency Braking System) 
※6:正式名称:車線逸脱警報装置(Lane Departure Warning System) 
※7:正式名称:後方視界情報提供装置

関連記事
2023/03/13ダイハツ、「後輪/四輪駆動軽商用車向け無段変速機の開発...
2023/03/02ダイハツ、「高効率低コスト 新型 1.2L 3気筒エン...
2021/08/30自動車技術を応用した除菌装置「MIRACLEBUSTE...
トピックス
DAIHATSU GAZOO Racing
サステナビリティの取組み
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年