組織改正および役員人事について

2016年03月16日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、4月1日付で組織改正を実施する。また、4月1日付および定時株主総会日付で役員体制の変更を行う。

Ⅰ.4月1日付 組織改正

1.改正のねらい

本年8月予定のトヨタ自動車(株)(以下トヨタ)による完全子会社化に伴い、ダイハツの役割は大きく変化する。ダイハツブランドの確立と進化、ならびにトヨタグループのスモールカー分野における業務推進・事業実現に向けた体制を構築する。
全社を3ユニット体制とし、なかでもトップ直轄の企画機能の強化を通じたスピーディかつコンパクトなマネジメント体制、ならびに各階層におけるトヨタとの緊密な連携体制を実現する。

2.新組織の概要

(1)コーポレートユニット
  ①コーポレート企画センター
   中長期におけるダイハツグループ全体の主要戦略立案
  ②技術開発センター
   戦略に合致した先行技術開発の推進
  ③管理センター
   管理機能の効率化と短期の全社事業管理の推進

(2)DNGAユニット
   DNGAはトヨタのTNGAと対をなす、ダイハツ独自のクルマづくりである。
   ダイハツはDNGAをもとにトヨタグループ内で独自価値の発揮を目指す。
   そのスピード推進に向け、開発・調達・生産・CS各本部を1ユニットへと再編する。
   ①開発本部
   ②調達本部
   ③生技製造本部
   ④CS本部

(3)ブランドユニット
  ①Dブランドオフィス
   国内外のダイハツブランド事業を商品・事業・販売まで一貫して推進
  ②プロジェクト推進オフィス
   協業プロジェクトや新規国開拓などを推進

3.組織構成図

Ⅱ.定時株主総会日付 役員の変更

▽第175回定時株主総会後の取締役候補について

取締役の選任については、第175回定時株主総会の承認を経て正式決定する。
代表取締役の選定、役付取締役の選定については、第175回定時株主総会後の取締役会にて正式決定する。
退任予定取締役・監査役については、第175回定時株主総会日付で退任する。

Ⅲ.4月1日付 役員の変更

ニュースリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年