• 海外
  • プレスリリース
  • NEW2014/02/03

トヨタとダイハツ、インドネシア製小型車をフィリピンへ輸出・販売へ —協業により、新興国の新たな市場の開拓を目指す—

2014年02月03日
トヨタ自動車株式会社
ダイハツ工業株式会社

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)とダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、ダイハツのインドネシアの子会社アストラ・ダイハツ・モーター(PT.Astra Daihatsu Motor)で生産している小型車をフィリピンに輸出し、トヨタ・モーター・フィリピン(Toyota Motor Philippines Corporation)より、トヨタブランドとして今月末より販売を開始する。 輸出台数は、500台/月。

この小型車は、ダイハツが企画・開発したモデルであり、インドネシアではトヨタ「アギア(AGYA)」、ダイハツ「アイラ(AYLA)」として、2013年9月より生産・販売されている。

本日インドネシアで行われた輸出式典で、ダイハツの金子達也副社長は「環境に優しく、 お求めやすいこの車は、フィリピンのお客様にご満足頂けると確信している。また、 インドネシア政府推奨のLCGC(Low Cost Green Car) ※初の輸出であり、輸出促進を通じて、 インドネシア自動車産業に貢献したいと思う」と語った。

また、トヨタの福井弘之常務役員は「トヨタとダイハツは、インドネシアから完成車や エンジン等を80以上の国/地域に輸出しており、インドネシアを重要なグローバル生産供給 拠点と位置付けている。2013年の完成車輸出台数は138,000台以上で、インドネシアからの 完成車輸出全体の80%以上を占めている」と語った。

トヨタとダイハツは今後も、総力を挙げて、インドネシアの自動車産業の更なる発展に寄与し、地域社会の発展に貢献していく。

※低価格で燃費が良い車の普及を促進する政策。認定車には、税制上の優遇措置が与えられる。

以 上