• 海外
  • プレスリリース
  • NEW2013/04/22

ダイハツ、「アイラ」生産のインドネシア新工場開所式を実施

2013年04月22日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社の現地子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター社は、インドネシア西ジャワ州 カラワン スルヤチプタ工業団地に建設していた「カラワンアッセンブリー プラント」の開所式を22日、インドネシア共和国 ブディオノ副大統領をお迎えし、実施した。
新工場では、インドネシア政府が検討しているLCGC(Low Cost Green Car)政策に向けたモデル「ダイハツ・AYLA (アイラ)/トヨタ・AGYA(アギア)」を生産する。「アイラ/アギア」では現地調達率の拡大や現地デザイナーの起用など現地化を進め、低価格・低燃費なクルマを実現する。また、この度インドネシア初となるR&D機能を有するテストコースを開設する。
プレス・ボデー・塗装・組立ラインから成る新工場の生産能力は12万台/年(2直定時)で、すでに「ダイハツ・XENIA(セニア)/トヨタ・AVANZA(アバンザ)」を生産している。
インドネシア経済は内需中心に成長を続けており、自動車市場も大きく伸長していることから、新工場を含めた生産・開発基盤強化を通じ、今後の自動車需要の増加に対応していく。
開所式の概要は次のとおり。

新工場「カラワンアッセンブリープラント」開所式の概要(来賓、出席者は予定)
1.日時: 2013年4月22日(月)10:00[現地時間]/12:00[日本時間]
2.場所: スルヤチプタ工業団地 新工場用地内
3.来賓: インドネシア共和国 ブディオノ副大統領
駐インドネシア 鹿取日本国大使
4.出席者: ダイハツ工業株式会社 伊奈社長 他
アストラ・ダイハツ・モーター社 スディルマン社長 他