• 製品・技術
  • プレスリリース
  • NEW2013/07/22

軽自動車の燃費向上のため「e:Sテクノロジー」さらに進化  ガソリン車トップの33.4km/Lを実現

2013年07月22日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、軽自動車のさらなる燃費向上の為、低燃費・低価格なクルマづくりの核となる「e:Sテクノロジー(Energy Saving Technology)」をさらに進化させた。
「e:Sテクノロジー」の3大要素である①パワートレーンの進化 ②車両の進化 ③エネルギーマネジメントについてそれぞれ改良を行い、燃焼効率の向上や走行抵抗の低減、エネルギー効率の向上などを徹底的に追求した。
本年8月にマイナーチェンジ予定の「ミライース」に、従来の技術に加え今回の改良アイテムを採用することで、ガソリン車トップの33.4km/L※1を達成する見込み。※2

「e:Sテクノロジー」は2011年7月に「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりの核となる技術として開発。これを搭載し2011年9月に発売した「ミラ イース」は30km/L※1の低燃費を達成すると同時に、入り口価格80万円を切る低価格を実現することで、幅広い層からの支持を集めている。また、ムーヴ・タントなど他車種にも展開し、ダイハツ軽自動車の低燃費・低価格化に 貢献している。

※1:2WD車 JC08モード
※2:2013年7月現在、ダイハツ調べ

※詳細は、PDFダウンロードボタンよりご覧ください。