ダイハツ、インドネシアでエンジン生産体制を強化

2013年08月05日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業㈱(以下 ダイハツ)は、海外事業の重要拠点であるインドネシアの子会社アストラ・ダイハツ・モーター社(以下 ADM)で、乗用車用エンジンの生産ラインを増設する。
新生産ラインの生産能力は20万基/年。稼働時期は2015年夏を予定している。

エンジンのコスト競争力ならびに更なる品質向上のため、エンジン生産を既存の生産ラインから順次、新生産ラインへ移行する。
全体の生産能力については現状からの変更はない。
今回の最新鋭のエンジン生産ライン増設により、一層のインドネシア事業の強化を図る。

【カラワンエンジン工場概要】
所 在 地:西ジャワ州カラワン
操業開始:2006年11月
生産品目:エンジン、鋳造部品
用地面積:約17.7万㎡
建屋面積:約8.5万㎡(新生産ライン稼働後)
生産能力:53万基

※詳細は、PDFダウンロードボタンよりご覧ください。

関連記事
2022/10/07ダイハツ、インドネシアにおいて、持続可能な社会への貢献...
2022/08/11ダイハツ、ガイキンドインドネシア国際オートショー202...
2022/07/20ダイハツ、マレーシアでBセグメント小型車を新発売
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年