• その他
  • プレスリリース
  • NEW2012/02/20

滋賀県、大分県の実証試験へ車両提供 軽商用電気自動車の実証走行試験の実施について

2012年02月20日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、ダイハツが試作した軽商用電気自動車を 走行試験用の車両として滋賀県及び大分県へ提供する。滋賀県及び大分県では、提供を受けた車両を使い今春から実証試験の実施を予定している。 ダイハツでは、新型軽自動車「ミラe:S」を販売するなど、低燃費、低価格かつ省資源 のガソリン車を開発、販売しているが、一方で電気自動車(以下EV)の今後の市場 動向等を踏まえ、小口宅配ニーズなどの用途に合わせた商用EVの開発を進めており、今回両県の協力を得て公用車として2012年4月から公道での走行試験を開始することになった。 ダイハツの軽ガソリンエンジン車「ハイゼットカーゴ」をベースに、駆動ユニット(モーター、バッテリー等)を搭載した試験車を実際の公用車として使用し、さまざまな走行データを収集し、その分析結果を今後のEV車両開発にフィードバックしていく考え。

[車両概要]

ベース車両 ハイゼットカーゴ
車両重量 約1100kg
乗車定員 4人
最大積載量 250kg(2名乗車時)
一充電走行距離(JC08モード) 約150km※
最高速度 約100km/h
充電時間 約7時間(AC200V)
搭載電池 リチウムイオン電池

※社内測定値

実証走行試験車