• 海外
  • プレスリリース
  • NEW2011/11/09

ダイハツ インドネシア専用車 「セニア」をフルモデルチェンジ

2011年11月09日
ダイハツ工業株式会社

セニア(XENIA)

ダイハツ工業株式会社(以下ダイハツ)は、インドネシア専用車である「XENIA(セニア)」、をフルモデルチェンジし、2011年11月9日(水)からインドネシアにて販売する。

セニアは、トヨタ自動車株式会社との初の共同開発として、2004年の発売以来、コンパクトなボディサイズで7人乗車を実現したパッケージングやお求め易い価格設定などが、多くのお客様からご好評いただき、インドネシア市場において、新しいジャンルを開拓したダイハツの基幹車種である。
今回のフルモデルチェンジでは、インドネシアでのニーズを踏まえ、最適な地上高やパッケージの良さを維持しつつ、多彩で便利なシートアレンジの採用や荷室の拡大などによる利便性の向上に加え、燃費性能・乗り心地・静粛性などのパフォーマンスの向上を図った。
生産は、ダイハツのインドネシアでの生産拠点であるアストラ・ダイハツ・モーターにて行い、アストラ・インターナショナルを通じて販売する。
新型「セニア」の月販目標台数は、7,000台としている。小売価格は126.6百万ルピア~156.7百万ルピア(約110万1千円~約136万3千円、税込み)。

新型「セニア」の主な変更点は
1.ダイナミック&スペーシャスなスタイリングと、先進的で上質なインテリア
2.さらに進化した使い勝手のよさ
・多彩で便利なシートアレンジ
・広い荷室空間
3.先進のパフォーマンス
・燃費性能を向上
・乗り心地や操縦安定性、静粛性を向上

※写真のホイールキャップはディーラー装着品