ダイハツ コンパクトSUV 「ビーゴ」をマイナーチェンジ

2008年11月13日
ダイハツ工業株式会社

ビーゴ CX 4WD

ダイハツ工業(株)は、コンパクトSUV「ビーゴ」をマイナーチェンジし、11月13日から全国一斉に発売する。

「ビーゴ」は、2006年1月に「タフ&カジュアル スポーツ・ユーティリティーワゴン」として新発売。SUVの「楽しさ・走破性」とコンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「うれしさ・機能性」を高い次元で融合させた新ジャンルのクルマとして幅広いお客様から好評を得ている。

今回のマイナーチェンジでは、より存在感を進化させたエクステリア、質感を向上させたインテリアにするとともに、燃費改善など環境性能を強化し、商品力のさらなる向上を図った。

主な改良点

1.都会的でモダンな新しさと存在感を進化させたエクステリア

好評のスタイルを継承する新意匠のフロント&リヤバンパー、フロントグリルを採用
新意匠の16インチアルミホイールを採用(CX、CX-Limited)
リヤコンビネーションランプをクリアレンズ化
新色1色(シャンパンゴールドメタリック)を含む全8色のボディカラーを設定

2.内装質感の大幅向上によりさらなる上質感を付与したインテリア

明るいグレージュとシックなダークグレーの2色から選べる、スエード調ファブリックシート表皮を採用。また、ドアトリムをシート表皮に合わせて2色展開(CL、CX)
新意匠のメータークラスター、シフトレバーノブ(AT車)、ステアリングホイールの採用で高級感を演出
センタークラスター色をチタン調シルバーに変更
メッキインサイドドアハンドルを標準装備

3.利便性の向上

インテグレートCD(MP3・WMA対応)・AM/FM付ステレオを標準装備(CX、CX-Limited)
運転中もステアリングから手を離さずにオーディオの操作ができるステアリングスイッチを標準装備(CX、CX-Limited)
イモビライザー機能付キーフリーシステムを標準装備(CX-Limited)
燃費に良い運転を知らせるエコランプを採用(AT車)

4.環境性能の向上

空力特性、アイドリング回転数などの改善により、AT車で約6%の燃費を向上し、4WD車では10・15モード燃費14.8km/*を実現、環境性能を高めている。
*:国土交通省審査値


販売概要
月販目標台数:200台


メーカー希望小売価格

ビーゴ

[単位:円]

駆動 グレード エンジン トランスミッション 価格  
消費税込み 消費税抜き
2WD CL 1500cc
4気筒
4AT 1,660,000 1,580,952  
CX 4AT 1,830,000 1,742,857  
CX-Limited 4AT 1,930,000 1,838,095  
4WD CL 5MT 1,765,000 1,680,952  
4AT 1,849,000 1,760,952  
CX 5MT 1,935,000 1,842,857  
4AT 2,019,000 1,922,857
CX-Limited 5MT 2,035,000 1,938,095  
4AT 2,119,000 2,018,095  

★:掲載写真

※ 北海道地区は17,850円(税抜き17,000円)高、価格にリサイクル料金は含まず

関連記事
2022/11/04新「タント」発売1カ月時点で約50,000台を受注
2022/10/11ダイハツの軽商用車「ハイゼット カーゴ」「アトレー」が...
2022/10/03上質で迫力のあるスタイルに進化した新「タント カスタム...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年