DAIHATSU

企業情報サイト

  • その他
  • NEW2007/12/19

ダイハツ九州 大分(中津)第2工場が完成、操業開始

2007年12月19日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)の子会社であるダイハツ九州(株)(所在地:大分県中津市、取締役社長:東迫旦洋)の大分(中津)第 2工場(以下、大分第2工場)が完成し、このほど本格的に操業を開始した。本日の竣工式では、多数の来賓を迎え、工場視察会ならびに工場完成を祝う披露宴が中津市内で執り行われた。

大分第2工場は、国内の既存工場で行ったシンプル・スリム・コンパクト化の活動を集約したもので、大分第1工場と同規模の生産能力でありながら、建屋面積、設備投資額、工程数を大幅に削減し、グローバルに通用する低コスト・高品質な車づくりを実現する「軽自動車専用のシンプル・スリム・コンパクトな工場」である。

大分第2工場の稼動により、軽自動車で更なる収益向上が可能なビジネスモデルの確立とともに、高負荷状態の続いている他既存工場の操業適正化を図る。

【ダイハツ九州(株) 大分(中津)第2工場の概要】

  大分(中津)第2工場 <ご参考>大分(中津)第1工場
所在地 大分県中津市大字昭和新田1番地
用地面積 約50万m2 約80万m2
建屋面積 約5万m2 約11万m2
設備投資 約235億円 約400億円
生産能力 年産約23万台(2直・定時) 年産約23万台(2直・定時)
生産車種 ミラ ミラ、アトレーワゴン、
ハイゼット(バン、トラック)、ビーゴ
従業員数 約400名(操業開始時) 約2,100名
機能概要 車両生産(ボデー・塗装・組立) 車両生産(プレス・ボデー・塗装・組立)