ダイハツ工業、福岡県にエンジン工場建設

2007年01月10日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ工業)は、福岡県久留米市にエンジン工場を建設する。

 新しい工場は、ダイハツ工業の子会社であるダイハツ九州(株)(所在地:大分県中津市、取締役社長:東迫旦洋)が大分(中津)工場(以下、大分工場)で軽自動車の生産を拡大(*)することに伴うエンジン供給の効率化を図るため、2008年8月の操業開始をめざす。

工場のコンセプトは、「軽自動車のエンジン生産に最適な『シンプル&スリム』な工場」としグローバルに通用する低コストな車づくりをめざす大分工場にエンジンを供給する。

*:大分第二工場稼動予定:2007年末

【エンジン工場の概要】

所 在 地 :福岡県 久留米市 田主丸町(たぬしまるまち)
用地面積 :約16万m 2
生産能力 :年産約20万基(2直定時)
操業開始 :2008年8月
従業員数 :約200名(操業開始時)
設備投資 :生産エンジン :軽自動車用エンジン

ニュースリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年