DAIHATSU

企業情報サイト

  • その他
  • NEW2006/10/12

ダイハツ九州、大分(中津)第2工場建設

2006年10月12日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)の子会社であるダイハツ九州(株)(所在地:大分県中津市、取締役社長:東迫旦洋)は、大分(中津)工場の敷地内に第2工場を建設する。

大分(中津)工場は、2004年12月から本格的な操業を開始しているが、今回の第2工場建設により、高負荷状態の続いている他既存工場の操業適正化を図る。

工場のコンセプトは、更に「高効率な軽自動車の生産を実現する『シンプル&スリム』な工場」とし、グローバルに通用する低コストな車づくりを実現するモデル工場をめざす。

【ダイハツ九州(株) 大分(中津)第2工場の概要】

所 在 地 :大分県中津市大字昭和新田1番地(既存工場の北側に隣接)
用地面積 :約50万m2
建屋面積 :約5万m2
設備投資 :約235億円
生産能力 :年産約23万台(2直・定時)
操業開始 :2007年末
従業員数 :約900名(操業開始時)
機能概要 :車両生産(ボデー・塗装・組立)