環境性能に優れた軽自動車用CVTを新開発

2006年06月19日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業(株)は、環境性能に優れた軽自動車用CVT*1を開発し、自社生産を開始した。世界初の「インプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造」採用などにより、「低燃費」「軽量・コンパクト」「滑らかな加速性能」を実現した。

*1 無段変速機(continuously variable transmissionの略)

世界初の「インプットリダクション方式3軸ギヤトレーン構造」

無段変速の前段階であるリダクションギヤで回転を減速・逆転させることにより、

回転の遠心力でベルトが張り出して生じる伝導損失が減少し、動力伝達効率向上。
無段変速の後段階での減速が不要となり、部品点数を削減。(4軸→3軸)
無段変速部のエンジン軸上の等価慣性を低減。
~低燃費~

上記(1)により、当社従来AT車比で燃費が約15%向上し、クラストップレベル*2の低燃費を実現。

*2 排気量660cc軽自動車クラスエンジン。2006年5月現在、ダイハツ調べ

~軽量・コンパクト~

上記(2)と世界最小金属ベルト*3の組み合わせにより、軽自動車に最適なコンパクトCVTを実現。

~滑らかな加速性能~

上記(3)と世界最小金属ベルト*3の組み合わせにより、加速がスムーズになり、当社従来AT車比で加速性能が約10%向上し、低速から高速まで力強く滑らかな加速を実現。

*3 2006年5月現在、ダイハツ調べ

「CVTのしくみ」はこちらをご覧ください。

関連記事
2021/08/30自動車技術を応用した除菌装置「MIRACLEBUSTE...
2021/04/27スズキ、SUBARU、ダイハツ、トヨタ、マツダ、次世代...
2021/03/26紫外線による除菌装置「ULTRABUSTER」を全国の...
トピックス
Nibako特設サイト
技術広報資料

ニュースリリース

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

1999年

1998年

1997年