DAIHATSU

企業情報サイト

  • 製品・技術
  • NEW2005/11/22

環境性能・パワー・静粛性の全てを向上させた軽自動車用エンジンを新開発 

2005年11月22日
ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社は、軽自動車用3気筒エンジンを一新し、環境性能・パワー・静粛性の全てを向上させた新モデル「KF型」を開発した。
12月発売の新型軽自動車から搭載する。

この「KF型」は、エンジンとしての本質である「低燃費」「低排出ガス」「パワフル」「軽量&コンパクト」を徹底向上させた軽自動車の次世代を担うエンジンである。
「KF型」エンジンの特長は以下のとおり。(表示の比率は全て当社従来エンジン比)

低燃費 ~燃費 約10%向上~

燃焼効率が高いロングストローク採用
徹底したメカニカルロス低減+軽量化
低排出ガス ~世界最高水準の環境性能を実現~

連続可変バルブタイミング機構
触媒の性能をフルに引き出す「触媒早期活性化システム」
貴金属全てが自己再生し、高い浄化性能を持つ最先端技術「スーパーインテリジェント触媒」
パワフル ~低・中速域(実用域)トルク 約5%向上~

ロングストローク採用により、実用域でのトルクが向上
軽量&コンパクト ~クラス*最軽量47kg、約25%の軽量化~
*排気量660cc軽自動車クラスエンジン。2005年10月現在

シリンダーブロックのアルミ化や樹脂素材の採用などによりクラス最軽量を実現
チェーンカバーのモジュール化などによるコンパクト化
静粛性 ~放射音 約30%低減~

軽量化+エンジン各部の剛性強化や部品改良による摩擦抵抗低減など